今後の日本でお金を稼ぐ為には

今後の日本でお金を稼ぐ為には

時代に合った方法で行動しなければ効率よくお金を稼ぐことができません。

バブル期の時にはバブル期にあった方法や不景気の時には不景気のときなりのニーズがあるビジネスが存在します。

景気が良くても誰でも稼げるわけではありません。

時代の流れに逆らうような行動したら失敗をする確率がグッと高くなります。

大きな失敗することなく、資産を蓄えるには、今度日本がどのように動いているのか、大きな流れをしっかりと把握する必要があります。

スポンサーリンク




今度の日本の流れ

これからの日本社会で重要なキーワードがこちらです。

  1. 人口減少
  2. 働き手の不足
  3. 自動化が進み、働き手を必要としなくなる
  4. 国際収支の赤字
  5. 物価上昇(インフレ)
  6. グローバル化

日本の人口減少は、基本的に回避不可能な問題です。

現在、政府は出生率を2以上にする目標を設定していますが、出産率を上げることはかなり難しく、結婚する人事態が減る傾向にあるでしょう。

人口が減る最大の影響として考えられるのが、都市部への人口集中と地方の人手不足です。

お金儲けをするのであれば、都市部に移転したほうが可能性が高まりますが、デメリットとして物価が高いというのもあげられます。

どちらにしても、地方が生き残るのが難しくなるので、お店などを開いている方は今度はしっかりと対策を考えなければお店がつぶれる可能性が高いです。

人口が減少すれば、物を買う人も少なくなるので需要が弁償してしまう。

需要があったとしても、生産する人間や提供する人間が少なくなるので、経済規模が減少するのは仕方がありません。

人口が減るデメリットもありますが、メリットもあります。

経済は、生き物であるので人口が例え減ったとしても、減ったからと言って成長しなくなるわけではありません。

働き手がいなくなれば困るので、それに似合うような経済や社会の仕組みが変わります。

一生働く時代に突入する

今度の日本は、誰もが生涯働き続けなければならない社会になります。

日本は、資源となるものがなく、製造業を中心に成長してきました。

とにかくたくさんのものを作って輸出すればよかったので、経済の中心は工場でなりたっており、男は外で働くもの、女は家庭を守る戦場主婦としての形が一般的でした。

しかし、こうした日本の物作りは人手がいるので、働く人間が男性だけでは経済を維持することが困難になっています。

同時に少子化と高年齢者が急増しているので、かつてのように年金で老後の生活を支えることと事態が困難になります。

支払うお金が減るということは、生きるためにはお金を稼ぐ必要があるので、男女関係なく働ける人間は一生働くのが標準スタイルになるでしょう。

現在でも同じような流れになっていますが、今よりも働く人間は増えるこることは間違いないです。

クラウドソーシングが支流になる可能性が高い

企業のビジネス料金システムでは、値段が非常に高額になりがちです。

そこで、既存のサービスではなく、もっと安価なさーびずのほうが拡大していく可能性が高いです。

多くの人にとって、介護、育児、家事代行サービスは、簡単に頼める金額ではありませんが、ネット上で働く人を募り、条件が合う人とマッチングするサービスを使えば、限定した形で安価に仕事を依頼したり、受けたりすることが可能です。

こうしたサービスは、「クラウドソーシング」と呼ばれています。

現在では、デザイン・プログラミングなどのIT系の分野が非常に多いですが、これからは、生活に密着したサービスが行われても不思議ではありません。

レンタル彼女やレンタル彼氏など同じような商売です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする