お金持ちのお金の使い方

お金持ちのお金の使い方

お金持ちと貧乏人ではお金の使い方が全然違います。

お金の使い方として「浪費」、「消費」、「投資」の3つに分けて考えることが出来ます。

お金持ちになる為には、上手なお金の使い方を知る必要があります。

スポンサーリンク




お金持ちになれないお金の使い方

  • お金を目的がなく貯める
  • 食べ物、服ななど娯楽に使う
  • ギャンブル、スマホの課金などに使う

お金持ちはお金の使い方が違う

お金持ちは、お金の使い方が非常に上手いです。

お金持ちは贅沢しているイメージがありますが、そんなことはありません。

お金を稼いで余った金額で贅沢をしているので、無理にローンを組んだりして見栄で贅沢しているのではありません。

突然お金持ちになり、いわゆる成金が贅沢しているのと本当のお金持ちが贅沢するのは全然違います。

収入に対して無駄にお金を使ってしまえば、貧困生活になります。

お金持ちはそういったお金も使い方をしません。

上手なお金の使い方

経験・体験にお金を使う

形ある物にお金を使う事も大切ですが、それ以上に経験・体験にお金を使う事も大切です。

物よりも刺激的な体験の方が記録に残り満足度も高いです。

ストレス解消が出来、新しい体験をすることでアイディアが生まれる可能性があります。

自己投資する

自分のスキル向上の為に投資するのは最も大切です。

使ったお金を使ってもなくならない財産に変えることが出来れば、これ以上にない投資です。

現在お金が余りなくても、自分に投資するかしないかで将来が大きく変わります。

読書や勉強など知識にお金を投資して自分の能力を高める事が出来なければ将来お金持ちになる事は難しいです。

時間の節約にお金を使う

通勤に時間が掛かるなど自分が自由に出来る時間の確保も大切です。

会社で働くだけではお金持ちになることは、非常に難しいです。

自分の時間の確保の為にお金を使う。

または、無駄な時間がないようにするなど、時間の使い方が上手いか下手でもかなりの差が出ます。

短い時間であったとしても決して無駄にしないようにしましょう。

他人に対してお金を使う

人間関係構築の為や恋人に使うなど自分以外の人間に対してお金を使う事は大切です。

誕生日や結婚記念日などお金を使う場面で使えない人間は、人間関係で損をすることが多いです。

他人の為に使えば、自分に返ってくる可能性があるので、先に投資という意味でお金を出すことが大切です。

有益な人間関係を作ることが出来れば、投資した以上の恩恵が得られます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする