遊戯王作者の高橋和希 推定年収 漫画家で一番稼いでいる?

遊戯王作者の高橋和希 推定年収 漫画家で一番稼いでいる?

漫画で一番売り上げているのは、言わずと知れたワンピースです。

ワンピースの作者尾田栄一郎の推定年収は34億円とも言われています。

遊戯王単行本の収益だけで見ると10~13億円なのでワンピースと比べても圧倒的に少ないですが、なぜ漫画家で一番稼いでいると言われている理由をご紹介します。

スポンサーリンク




遊戯王カードの著作権利

日本だけでなく世界の子供から大人まで人気の遊戯王カードゲームデュエルモンスターズの権利は遊戯王の作者高橋氏が持っています。

コナミと提携しているとはいえ、カード一抹の月1円の利益が得たと計算すると、恐ろしい金額になります。

遊戯王のカード総売上が265億枚以上売り上げているので、単純計算で265億円以上稼いでいる計算です。

高額所得者の常連なので、こうした漫画の利益だけでなく自分で考えたカードゲームの利益が漫画以上の利益を生んでいます。

漫画が人気になればこうしたグッツや映画関連での売り上げが倍増するので年収が跳ね上がりますが、こうしたカードゲームなど世界的に人気が出れば爆発的な利益を生むことができます。

著作権は稼げる源

当たり前の話ですが、人に使われてただ漠然と働いているだけでは大きな稼ぎを生むのは難しいです。

自分のアイディアやイノベーションで稼ぐことができれば、お金持ちになれる可能性があります。

多くの漫画家は、自分のアイディアを売りにして人気を獲得しています。

こうした著作権は、お金を稼ぐ上でもっとも有効的な手段です。

売り上げが安定してしまえば、不労取得で働かずにお金が勝手に入ってくるシステムを確立することができます。

漫画家は儲かる?

学歴、経歴は全く関係のないのでどんな人であっても一発逆転のチャンスはあります。

しかし、漫画なとして成功するのは非常に難しくなっているのが現状です。

理由は、雑誌の売り上げ低下とライバルが多い点です。

一昔前では、ジャンプに連載したとして1~2巻で打ち切りだったとしても1000~2000万円は稼げたので、軽く一発充てるだけでもリターンがありました。

しかし、現在では300~600万円しか稼げないことが多く、労力に比べて失敗した時のリターンがあまりにも少ないです。

夢はないですが、普通に働いたほうがマシという意見もあります。

漫画家として成功することができれば普通に働いている以上のお金を稼げるチャンスがあるので一概にも言えない部分もあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする