自分の成長計画を立てる

自分の成長計画を立てる

漠然とした目標では何から始めていいのかわからず結果として何もしないまま終わってしまうことが多いです。

また、目標が高すぎて挫折する場合も多いです。

大きな目標を決めた場合には、目標を達成するためには何が必要なのかを考えて、逆算で考えていけば最初に何をすればいいのかが見えてきます。

まずは、自分の成長計画を立て達成を目指して、継続して努力することが大切です。

スポンサーリンク




目の前のことを一生懸命やるだけでは目標達成することはできない

仕事や人生において目の前のことだけを一生懸命頑張るだけでは、目標を達成することは難しいです。

目の前の出来事を懸命に努力したとしても必ずしも成功に結び付くとはが切らない上に、単なる希望は戦略とは呼べません。

仕事、スキル、人間関係などを円滑に運ぶためには、先を見通す力が必要です。

この事例の時はこうすればよいマニュアルを作ったり、予想外の出来事も予め想定しておけば落ち着いて対処できます。

嬉しい・辛い経験が人を成長させることが多い

嬉しい経験や辛い経験から学ぶことが多いです。

特に辛い経験を体験すれば、もう二度とこうしたことにはなりたくないと強く思うようになるので同じ失敗を繰り返しにくくなります。

しかし、良いほうに変わればいいですが、悪いほうに変わることも珍しくありません。

仕事に失敗した、恋人と別れてしまったなどが原因で積極的に行動できずネガティブになる人もいます。

困難から学ぶことを人によって違うので、一筋縄に行かないことが多いです。

物事を始めるタイミング

人は、無意識に自分だけの習慣が身についており、新しい習慣を身にみにつけるのは非常に難しいです。

新しく始めることは自分にとって楽しい、嬉しくて苦痛でないものであれば簡単に身に着けることができますが、辛いくて面倒なことは、自分のためになるとわかっていても行動に移し習慣として身に着けるのは難しいです。

このごとを始めるときに、物を買って準備ができてから始める方は継続して続けるのは難しいです。

成長したいと考えていれば、物を買わなくてもある程度代用して今すぐにでも始めることができるはずです。

すぐ行動し、新しいことにチャレンジする姿勢が最も大切です。

失敗するのが怖い

仕事、恋愛、試験など人生には、様々な戦いがあります。

一度辛い経験を体験してしまうと、もう傷つきたくないと行動が消極的になる人もいますが、消極的になればなるほどチャンスを逃してしまいます。

成功するためには、数多くの失敗を体験しなければなりません。

失敗することは、何も恥ずかしいことではなく、成功するために第一歩と考えれば失敗にも意味があります。

むしろ失敗をしない人間は存在しません。

どんなお金持ちや成功者であっても失敗はします。

しかし、失敗を反省しどうすれば次失敗しないのかを考えて行動し続けるからこそ彼らは成功者として功績を残しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする