サラリーマンは、副業をすべき

サラリーマンは、副業をすべき

会社で働くのは、お金を稼ぐうえで最も簡単な方法です。

しかし、その会社に勤めて未来があるかどうかは、上司を見れば大体わかるはずです。

上司の給料や勤務体系など、将来自分が上司のようになりたいのか、もっとお金を稼ぎたいのであれば、転職をするのもまた一つの選択肢です。

お金持ちになりたいのであれば、このまま誰かに雇われている状態でお金持ちになれる方はほんの一部だけです。

大企業の取締役、スポーツ選手、芸能人、など実力がなければ、誰かに雇われている状態で年収1000万円以上を目指すのは普通のサラリーマンでは到底不可能です。

そこで、サラリーマンをしながら副業で稼ぐことができれば、収入も増えて安定するのと当時に、その副業で起業することも可能です。

個人事業主になれば、会社に使われることもなく自分の力でお金を稼がなければなりませんが、得た利益は自分のものとなります。

スポンサーリンク




会社に雇われる=ピンハネされている

会社が黒字でなければ人と雇うわけがありません。

雇ったとしても赤字になっては会社を運営できないので、従業員の給料を少しでも少なくしたいという気持ちは経営者であればだれにでもあります。

例えば、年収300万円のサラリーマンであれば、厚生年金・有休・雑費なども払わなければならないので350~400万円コストがかかります。

会社が従業員を維持するために従業員は、400~600万円ほどは稼いでもらわないと会社がその従業員を雇い意味がありません。

会社は従業員が稼いだ金額をピンハネすることで経営が成り立っています。

特にITの技術職の人間は非常にもったいない存在です。

自分で仕事を取ってくることさえできれば、年収300万円から600万円になることも可能です。

会社から命令されるのは非常に楽ですが、稼げる能力があれば自分で仕事を探した方がより稼げるのは当たり前のことです。

副業の種類は何でもいい

サラリーマンは、どの副業もすることができます。

文章を書くのが好きであれば、webライターやアフィリエイトなども可能ですし、IT系の技術職であれば、クラウドソーシングから自分で依頼を探して、webサイトやプログラムなどを組むことも可能です。

また、誰にでもできるのが、株やFXなどもおすすめです。

副業の収入で安定して月に100万円ほど入ってくるようになれば、会社に居続ける理由もないです。

会社に雇われているだけでは、お金持ちになることは難しいので、まずは自分でお金を稼ぐことをしなければなりません。

絵を書くのが好きであれば、イラストやラインスタンプで稼ぐことも可能です。

自分に合った稼ぎ方が必ずあります。

それを見極めて新しいことにチャレンジし続ける継続力が大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする