日本のお金持ちの種類

日本のお金持ちの種類

世の中に存在しているお金持ちをいくつかのパターンに分けてみます。

すべての人がこのカテゴリーに属しているわけではありませんし、人それぞれ違うので分類するのは本来難しいです。

しかし、お金持ちになるパターンはそこまで多くなく飛躍的容易にわかる人種です。

お金持ちは、必ず幸せとは言えませんが、お金を持ってない人と比べるとお金持ちの方が幸せな人は多いのです。

スポンサーリンク




土地持ちのお金持ち

日本の土地は資産価値として非常に高額です。

日本で資産家と呼ばれている人の多くは、先祖から土地を引き継いだ人です。

先祖からどれだけ多くの価値のある土地を、引きついでいるのかが重要になります。

たくさんの土地をもっていると、売却したり、土地を運用すれば利益を上げることが可能で、いわゆる不労所得を得ることができます。

汗水出して働くわけではないので、精神的のも余裕です。

一方で、それほど多くの土地を持っていない人は、相続税を支払うだけでも大変なだけでリターンも少ない場合も珍しくありません。

土地を得ていることが逆に貧乏にしている原因の可能性もあります。

土地で多くの利益を上げることができたバブル時代でした。

投資家、事業が成功したお金持ち

規模はあまり大きくはありませんが、事業を立ち上げて、お金持ちになる典型的パターンです。

事業で成功している人の数も結構多く、行動力もある人が多く、もっとも身近な存在です。

稼いだ金額はそこまで多くはないが、これからどう成長させるのかは本人次第です。

いわゆる成金タイプですが、自分の力で事業を成功させている手腕はすごいです。

コツコツお金を貯めるパターン

日本人特有の安定志向の究極系のお金持ちです。

公務員や大手企業などの安定した職業について、夫婦共働きだったりと、とにかく無駄遣いをせずにこつこつお金を貯めれば資産1億円は頑張れば可能な数字です。

特に親から土地を創造してしまえば、あっという間に資産を得ることができる方が多いうえに、公務員や大企業を定年まで勤めれば多額の退職金がもらえるので1億円ぐらいの資産があってもおかしくはありません。

実業家のお金持ち

親族経営などの親が代々会社を経営しており、その子供もしくは孫に生まれた人たちです。

いわゆる生まれた瞬間から勝ち組な人間なので、最もうらやましいと感じるかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする