日本は世界で2位のお金持ちが多い国

日本は世界で2位のお金持ちが多い国

日本には、金融資産1億円以上を持っている人間の数が、150~180万人いるといわれています。

これはアメリカに次いで世界で2位の数字です。

日本に、1億円越えのお金持ちが多いのはちゃんとした理由があります。

スポンサーリンク




日本で資産1億円超えるのは割と簡単?

日本のお金持ちの多くは、庶民だったのに高度成長で土地が値上がりしたことの資産家になった人が多いです。

また、昭和のころは終身雇用で給料が定年まで安定してお金を稼ぎ続けられたことが大きいです。

東京の郊外に50坪の土地と家があり、夫婦共働きで世帯収入700~800万円稼いで、無駄遣いをしなければ、1億円ぐらいの資産は簡単に作ることができます。

しかし、1億円あるからお金持ちと思うかもしれませんが、周りから見れば、平凡のサラリーマン家庭です。

世界的には富裕層にカウントされてしまいますが、実際豪華な生活を送ることは難しいのが日本の現状です。

日本の場合、資産価値が高い土地を持っているから資産1億円を超えてしまうことが結構あります。

特に、東京、横浜、大阪、名古屋など一等地の土地を持っていればあっという間に1億円ぐらい楽に行きます。

日本は超お金持ちと呼ばれる人は少ない

資産1億円以上持っている人は、世界的に2位と非常に多いですが、100億円以上持っている超お金持ちの数となると日本人の数は圧倒的に少なくなります。

確かに1億円以上資産があればお金持ちですが、100億円以上資産を持っている人と比べると感覚が全然違います。

このクラスのお金持ちは、自分の国だけでなく、海外にも複数の拠点を持っており、自分の資産があまりにも大きいので、資産を自分の肉だけに置いておくのは危険すぎるので資産を分散させてリスクを軽減しています。

海外国籍を取るのは、意外と難しい

日本人の多くはお金があれば海外で暮らすことは簡単だと思っている方が多いです。

しかし、お金でどうにかなる部分は意外と少ないです。

ほとんどの国は、よほどのことがない限り、外国人を受け入れることは少なく、特に永住権を得るのはものすごく大変なことです。

アメリカで長期題材するためには、現地の会社に正式に雇用されるか、現地の学校に入学などをして正式なビザを取得しなければ、3か月以上滞在することはできません。

一方で、シンガポールやマレーシアなどは、一定以上のお金を持っている人には飛躍的簡単に永住権を与える国も存在しますが、このような国は外貨を取得する政策としてあえて外国人を受け入れているだけなので、国の方針次第では急変するリスクもあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする