お金に対する価値観はシビアであるべき

お金に対する価値観はシビアであるべき

リスクを上手く取り、チャンスがあればリスクを冒してでも積極的に行動できる人間は成功しやすいです。

リスクと上手く付き合うためには、お金に対して執着しすぎない事が大切です。

お金に対する執着心が強すぎると、冷静に客観的に判断できずに損をしてしまう事は良くあります。

例えば、パチンコで10万円負けてしまっている状況で、1万円で良いから取り戻したいという心理はまさに冷静さがなく最早投げやりになっている精神状態です。

リスクに対して冷静に判断しなければ大きく損をしてしまうので、お金に対して過剰に反応しない事も大切です。

スポンサーリンク




お金に対する知識

お金に過剰に反応してしまう原因の一つとして考えられるのが、子供の頃からのお金に対する知識です。

お金に関する知識を教えてくれるのは、両親、兄弟、親戚、学校の先生、知人などからなんとなく聞いたか、もしくはテレビやインターネットから得た情報の人が非常に多いです。

お金に対する価値観は、非常に大切で周囲から間違ったお金の知識や感覚は間違っている場合が多いです。

こうした間違ったお金に対する価値観を直して、お金に対して熱くならず心を冷静にさせて判断させることが必要です。

資産家の家に生まれた方はお金に対する知識を、家族から教え込まれる方が多いですが、ほとんどの方は、一般のいわゆる公務員やサラリーマンなどの家庭で育ちます。

そして、その周囲には年収3000万円以上の稼いでいる方は皆無でしょう。

お金を持っていない事だけでしたらさほど問題はありませんが、多くの人はお金の話が嫌いで本音で話そうとはしません。

厄介なのがお金を欲しいと心の中では思っていても、お金は別に必要ない、お金がなくても幸せに生きているなどの感覚が多く、お金に対して冷静に考える事を難しくしています。

お金儲けは汚い事だと言い聞かせられて育てられると、お金を稼ぐことは悪い事なんだと錯覚を起こします。

多くの方が、こうした環境で育っているのでお金に対して正しい知識やお金持ちになる為のお金の価値観など身に付かなくて当然です。

お金持ちになることが出来る人は、何らかの形で間違ったお金に対する価値観を変えることが成功し、お金に対して冷静で客観的な判断が出来る人間になったと考えられます。

お金に対して真剣に考える機会があれば、気が付くことは可能です。

例えば、家が経済的に貧しく、なぜこんなも貧しい生活をしているのか、お金をいくら稼いでいるのか、いくら支払っているのかと考えることできればお金に対して熱くならずに冷静に判断することができるかもしれません。

人によってキッカケが変わるので、社会人から変われば、高校生の時にネットの情報を見て変わった人もいるでしょう。

また、事業や株に失敗してお金で痛い目を見て価値観が変わったなど様々なケースが考えられます。

いずれにせよ、自分がこれまで抱いてきたお金に対する価値観を見直し、一度0の状態にしてからお金に対してシビアに考えられる事が大切です。

お金は、人を変えてしまうほどの魔力がありますが、その魔力に取りつかれてしまえば自分を見失い大損してしまう事は決して珍しい事ではありません。

どれだけお金を稼いだとしても、常にリスク管理し負けた時でもダメージを最小限に抑えることが大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする