お金持ちに高い学歴は関係ない?

PAK105215431_TP_V

偏差値の高い学校を卒業したとしても、お金持ちになれる人間は一握りです。

学歴が高い人でお金のことに対して雑な人は少ないです。

一方で学歴が低い人は、良くも考えずに行動する面もありますが、事業や投資に成功してお金持ちになった方は非常に多いです。

一方で、学歴もよくて成功する人もいます。

お金持ちになった人の経歴を見てとそこまで学歴は関係ありません。

お金持ちになれる方は、全体を通して頭がいいです。

頭がいいことと学歴が高いことは必ずしも一致するわけではありません。

学校の成績がいいからと言ってお金持ちになれるわけではありませんので、学歴が悪いからと言って、頭が悪いわけではなく考え方が優れているかどうかがポイントになります。

スポンサーリンク




学歴とは?

今の日本社会で大手企業に入るためには偏差値の高い学歴がなければ入ることは難しいです。

そもそも学歴が何を意味しているのか考えてみましょう。

学歴は二つの解釈があるといわれております。

  1. 学校で身につけられたスキル証明
  2. 現在のスキルではなく、将来のポテンシャル証明

日本以外の国では、学歴は1に該当する国が多いです。

例えば、統計学を勉強した人は統計の専門知識があるとみなされ統計の専門家として、関係性の高い分野に就職することが多いです。

しかし、日本では、学校で勉強してきた事=就職に関係しないことが多いです。

日本の場合、2に該当して、東大や京大を出た新入社員と入社10年目で仕事が抜群にできる高卒社員と比べた時に、どちらがより出世する可能性が高いかと言われると、東大や京大を出た新入社員に軍配が上がります。

日本では、将来高い能力を発揮する可能性が高い学歴が評価されます。

学歴はないが抜群に仕事ができる人間であったとしても、実力のわからない学歴が高い人間の方が評価されがちです。

学歴が良ければ良いほど、評価されるので、学歴が低い人間が会社の中でどれだけ頑張ったとしても学歴が良い人間に勝てるケースは少ないです。

会社の枠で考えれば、少しでも学歴が高い人間に期待する気持ちも分からなくもないですが、学歴が低いからと言って無能というわけでもありません。

お金持ちになるためには、会社の枠で考えずに自分で行動する勇気が学歴以上に大切になってきます。

全く新しいアイディアを作り出すことができれば学歴は関係ありません。

日本人の学歴志向の考え方は、面白い発想を消しているので、お金儲けの邪魔になる可能性が高いです。

お金持ちになるためには、偏見の目をなくし、変化を受け入れて、柔軟に対応する姿勢が必要不可欠です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする