会社の給料だけではお金持ちになれない

会社の給料だけではお金持ちになれない

会社に雇われているだけではお金持ちになることはできません。

起業や投資を行わなければ大きくお金を稼げない原因は、経済の仕組みとして給料をもらうだけでは稼げないようにできています。

何か事業を行う為には、お金を支払い先行投資しなければなりません。

例えば居酒屋を開業しようとおもったら、まず居酒屋が行える場所を探して、内装工事をして、調理器具をそろえる必要もありますし、材料も仕入れなければなりません。

また、自分一人でできなければアルバイトを雇わなければならないので人件費も掛かります。

人材を集めるためには、アルバイト求人サイト、雑誌に載せる必要もあるのでここでもお金がかかってきます。

お店を開くだけでもかなりのお金がかかっているので、利益が出なければすぐに潰れてしまいます。

例外に、先行投資0円で始められるビジネスも存在しますが、自分のスキルを売りにしているなど特殊な技能がなければ難しいです。

事業を行うには先行投資が必要不可欠であり、先行投資からすべてはそこから始まります。

スポンサーリンク




お金を出す人間がいて初めて利益が出る

お金を出す人間がいなければ利益を生み出すことができません。

この資本主義の世界においてお金を出す人間または投資家がいなければ会社は利益を確保出来ずに従業員を雇えずにつぶれてしまいます。

先ほどの居酒屋で考えれば、お店の場所を探す、内装を整える、従業員を確保するのは経営者の仕事です。

大きな事業にあると投資家と経営者が別々なことが多いですが、居酒屋など小さな店舗であれば個人事業主はすべて自分で行っています。

お店を出すのは、非常にリスクはありますがリターンもあります。

利益が出れば出るほど自分の給料が多くなります。

もちろん必要経費を抜いた分ですが、利益が出れば当然自分の手取りが多くなります。

業績が悪くなれば潰れてしまうリスクも当然存在します。

一方で、ただ会社に雇われている従業員は、アルバイトであろうが、正社員でも同じですが、基本的に一時間当たり○○円と決められた報酬で働きます。

従業員は法律で保護されているので、経営者の気分によって給料の額を決めることはできませんし、お金を働いた分はきっちりと支払わなければなりません。

あなたが経営者であれば、会社が損をしても従業員に給料を支払わなければならないので、できるだけ賃金を抑えようと考えるのは普通のことです。

これが酷くなるとブラック企業のようなサービス残業を強要されることにもつながりますが、法律に引っかかってくるので訴えれば勝てます。

会社に雇われた従業員は、会社が例え赤字であろうとも働いた分の給料はもらえる権利はありますが、金額は大きく抑制されてしまいます。

特に中小企業では、低い年収で働き続けなければなりません。

大手企業であったとしても、事業がうまくいって会社が大きく儲かったとしても従業員に支払うお金は法律で定められた以上でいいので上げる必要性がないので、従業員にお金が回ってきません。

儲かるのは企業に投資した人間と経営者だけということになります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする