お金持ちになる三つの手段

お金持ちになる三つの手段

世の中の多くの人は、お金に困らない生活をしたいと考えています。

しかし、お金持ちの人間は全体の1割以下しか存在しません。

残りの9割の人間はお金持ちになりたいと思っても実現できずに毎日仕事をしています。

お金持ちになるためには、より多くお金を稼ぎ、出費を最小限に抑えれば徐々にお金がたまっていきます。

この当たり前のことができない人が非常の多いのが現実です。

お金をたくさん稼ぐことと、出費することは非常に強い結びつきがあります。

無駄遣いをしてしまう人や貯金ばかりする人はお金持ちになれません。

無駄な出費を抑えつつ、必要なところでは躊躇いなく投資できる人間でなければ大きなお金を稼げません。

お金儲けのテクニックは、このバランスが非常に大切であり原点でもあります。

スポンサーリンク




お金持ちになる具体的な方法

お金持ちになるための具体的な方法はそう多くありません。

基本的に3つです。

  1. 働いて高い給料をもらう
  2. 事業、起業する
  3. 投資する

働いて給料をもらうのが一番簡単にお金を稼ぐことができます。

しかし、一人が働いても生涯年収は平均で約3億円しか稼げません。

安定した生活をしたい、平凡な生活で満足だという人であれば無理やり稼ぐ必要もありませんが、お金持ちを目指すのであれば年収3000万円は目指さなければなりません。

年収3000万円を超える職業というには限られており、プロ野球選手の平均年収が約3300万円と平均より少し上ぐらいです。

また、総理大臣の年収も3400万円ほどです。

外資系金融機関などで働けば、何億円の給料を出す会社も存在しますが、こうした待遇で働けるにはごく一部の人だけであり、プロスポーツ選手もビジネスマンも同じですが、かなり運や環境に左右されます。

こうしたケースは一般で考えるとほとんど参考になりません。

医者や弁護士であっても年収1000万円以上稼ぐことは大変であり、年収3000万円ともなると一部の人間だけしか到達できない領域です。

年収1000万円ほどであれば、稼げる職業も多く、飛躍的に目指しやすい金額です。

世帯収入でもよいので、夫婦共働きで年収1000万円であれば不可能な数字ではありません。

地道にお金を貯めれば、小金持ちのような生活をすることはだれでも可能で、定年まで質素な生活を心がければ、富裕層の仲間入りすることも不可能ではありません。

しかし、若いうちに成功を収めたい、若い時にお金に余裕がある生活がしたい、それなりの資産を築きたいと考えた場合、会社で働いて給料をもらう方法だけでは限界があります。

大きくお金を稼ぐには、自分で事業を起こすか、投資をするしか方法がありません。

事業と投資は分けて考えるべきではなく、非常に近しい存在です。

事業を始めること自体が自分自身への投資でもあります。

逆に投資がうまくいけばそれを拡大して事業を起こすことが可能だからです。

会社に雇われているだけでは、稼ぐのにも限界があるので、お金を稼ぐためには何らかの形で事業をするか、投資をしない限り効率よくお金を稼ぐことができません。

サラリーマンを続けていたとしても、副業や投資などを両立して行い続ければお金持ちになれる可能性もあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする