貯金できない人の特徴

貯金できない人の特徴

お金持ちを目指すのであれば、無駄遣いは極力減らしお金を貯めなければなりません。

特に将来を考えたら貯金は必要不可欠です。

貯金が出来ない人の特徴と貯金が出来ない言い訳をご紹介します。

スポンサーリンク




貯金が出来ない人の特徴

貯金する目標金額を決めていない

毎月3万円は貯金する。

年間100万円は貯金するなど具体的な貯金額を決めていないので、使いたいだけ使ってしまう人は貯金することが出来ません。

目標金額があれば欲しい物があっても今すぐ必要なものでなければ我慢することが出来ます。

計画性のある貯金が出来る方は、貯金するのが上手い方ですが全く計画性が無い方は無駄遣いしてしまう傾向が強いです。

現金・クレジットカードの支払額を知らない

買い物をするときに現金・クレジットカードなど買い物をするときに何を買ったのか、いくら使ったのかを月に把握していない方は無駄遣いが非常に多いです。

特にクレジットカードは、非常に便利で財布にお金が入ってなかったとしても高価なものが買える上に、お金を直接使っている感覚が少ないのでついつい無駄遣いをしてしまいがちです。

クレジットカードの支払額を把握していない方は、注意が必要です。

クレジットカードの支払いをリボ払いにしている

クレジットカードで買い物とするときにリボ払いしている人は非常に損をしています。

リボ払いは、毎月きめられた金額を支払うだけなので、高価な買い物をしてもお金を一気に請求させるわけではないので買いやすいですが、利子を含めた支払総額が増えるのでトータル的に見て非常に損をします。

クレジットカードを使用する時に、手数料を取られないような使い方をしなければ損をするので注意が必要です。

毎月の支払総額を知らない

給料の支払い総額を知らない人はいないと思います。

給料明細を見れば自分の手取りがいくら入ってくるかわかるからです。

しかし、毎月家賃などの光熱費を含めた出費総額を把握しているかが重要になってきます。

一人暮らしの場合は、家賃、電気代、水道代、ガス代などの支払いのほかに、携帯料金、車の維持など月にいくらお金を使っているのかが曖昧では安定して貯金をすることが難しいです。

更に節約できる部分があればさらに貯金できる可能性もあるので家計簿をつけるとともに見直しをすることとおすすめします。

給料の余りを貯金するようにしている

一番貯金できない思考です。

欲しい物を買って毎月余った金額だけ貯金しようとするのは、安定性がまるでなく高額商品を購入する際は貯金を切り崩してでも購入する方が多いので貯金が出来るわけがありません。

貯金が出来る方は、先に貯金して余った部分をお小遣いとします。

給料が振り込まれたら、貯金専用口座にまず貯金し、残りは生活費、お小遣いとして使用します。

月に余った金額を貯金する思考では、無駄遣いを減らすことはできないので、まずは月に決まった金額を貯金する癖を身に付けてください。

借金の総額を把握していない

貯金が出来ない方の特徴として浪費癖が多い事から借金(ローン)している可能性が高いです。

物欲も強く、ついついクレジットカードで買ってしまう傾向が強く、いつになったら返済できるのか、毎月の支払総額はいくらなのか、そもそもローンの返済期限はいつなのか全く把握していない方がいます。

それらを把握してないうちは、いつまでたっても貯金することはできません。

欲しい物があったら衝動買いをする

欲しい物があったら本当に自分に必要なのかを考えずに衝動買いする人は貯金することはできません。

物欲に負けてしまっては出費が増える一方なので、毎月使える金額を考えずに購入することは、安定して貯金をする行為とは真逆です。

衝動買いを我慢して、本当に自分に必要なものなのか一度良く考えてから買うかどうかを考えるべきです。

ATMでお金を引き下ろしている

現金の引き落としはATMを使用する人が多いですが、手数料のかかる時に降ろすのは非常に勿体ないです。

手数料で一回108円以上取られてしまいます。

月に一回降ろしたとしても年間で1200円以上は損をしている計算になるので、出来るだけ急にお金を降ろさない癖をつける必要があります。

片づけ、整理整頓ができない

貯金が出来ない人間に多い特徴として、部屋や車の中が汚い人が多いです。

要するに、細かいところ前気が回らないのでお金の管理もへたくそと言う意味です。

部屋の整理整頓ができないのに貯金が出来るわけがありません。

まずは貯金を始める前に部屋や車の片づけから始めるべきです。

外食ばかりする

外食が多いという事は、出費する金額が多い事に繋がります。

一日1000円外食で使ったとして月に30000円の出費になります。

そして、家でいろいろ食べれば食費で20000~30000円掛かるので一人だけでも5~6万円の出費に繋がります。

貯金をしようと思えば出費は極力減らさなければなりません。

ご飯を炊いてスーパーの惣菜を買うだけでもかなり金額を落とすことができるので、外食を控えることが貯金を増やすことに繋がります。

貯金する習慣が身についていない

お金を無駄遣いする習慣は身について貯金をする習慣が身についていないので無駄遣いをしてしまいます。

まずは、自分が使っているお金の流れをすべて把握し確実に必要なものとそうでない物と分ける必要があります。

そして、無駄遣いを極力減らした上で、自己投資しスキルや経験を高める必要があります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする