ヒットコンセプトを作る秘訣

ヒットコンセプトを作る秘訣

起業、副業をするうえで、アイディアは売り上げに直結します。

商品とサービスが売れるか売れないかは、「誰をターゲットにしたコンセプトなのか?」はっきりわかっていなければ売り上げを大きくすることができません。

コンセプトが適当では、どれほど魅力があるのもでも売れません。

人脈がある、集客スキルがある、デザインスキルがある、文章能力が高いなどもビジネスにおいては有利に働きますが、それでも、コンセプトが悪いと失敗してしまう可能性が高くなります。

逆にコンセプトが良いと、大したスキルがなくても一気に売れる可能性があるので、コンセプトが非常に重要です。

スポンサーリンク




そもそもコンセプトとは?

コンセプトとは、だれをターゲットにしているのか、何を伝えたい、売りたいのか、を一言でいうと「企画」に当たります。

アフィリエイトでいえば、誰に何を伝えたくてどのようなサイトを作りたいのかを考えることを、コンセプトです。

このコンセプトが何もない状態では、ターゲットは男性・女性なのか、年齢はいくつか、どんな悩みのある人間を狙っているのか、キーワードで検索してくる人間に必要な情報なのか、これらを考えなければサイトに来たとしてもすぐにページを閉じられて売り上げにつながりません。

ここの、コンセプトがマッチングしているかが売り上げに直結します。

コンセプトを考える為の4つのポイント

  • 誰に

誰に対して商品・サービスを提供するのか?

年齢、性別、悩みなど細かくニッチであればあるほど売れる可能性が高まります。

  • 何を

あなたが商品・サービスを提供させることによって、お客さんがどう反応するのか、アフィリエイトでいえば記事に当たります。

どんな悩みで、このような症状に困っているのであれば、どうすれば解決するのかを紹介するそして、それが認められれば商品・サービスに対してお金が入ります。

  • どのような方法で伝えるのか

SNS、サイト、ブログ、雑誌、ポスター、放送などどの方法で相手に伝えるのか?

どうすればより効果のある伝え方ができるかを考える項目です。

  • ネーミング

タイトルや文字でいかにわかりやすく、魅力的に相手に見せるかが重要です。

アフィリエイトでいえば、タイトルに当たります。

タイトルで読みたいと思わせなければページを作ったとしても見られません。

見られないということは、売り上げが発生しません。

ヒットコンセプトを作る秘訣

ヒットコンセプトを生み出す共通するポイントが3つ存在します。

これが出来ているのと出来ていないのでは全然違うので注意してください。

新しさ、オリジナリティ、斬新なアイディア

コンセプト考えるときに、今までにない新しさや斬新なアイディアは非常に強い武器になります。

他と同じようなものでは、差別化ができないので、特に意識もしてもらえずにスルーされてしまう可能性が高く、注目されません。

どんな部分でもいいので、新しい部分を作らなければ意味がありません。

ほかにはない自分だけ物もがきっとあるはずです。

逆に思いつかなければ、差別化ができずに売り上げが低迷します。

組み合わせ

もっともポピュラーな方法として、何かと何かを組み合わせて新しいものにする方法です。一つに限定せずに特定の何かと組み合わせることによって新しさを感じることができます。

こうしたアイディアが、利益を生み出す時も多いです。

目玉を作る

これは売れるかな?と思ったくらいのコンセプトを作らないと、売れる商品になりにくいです。

具体的に説明すると、多くの人が何か考えるときに、今の自分のできる範囲で作ろうとしてしまいます。

自分が持っているスキルと経験だけの枠で考えてしまうので、どうしても魅力に欠けてしまう部分がありあす。

しかし、今の自分の範囲にプラスアルファするだけでグッとよくなることは、珍しいことではありません。

こうした、ちょっと手を加えることが大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする