お金持ちと貧乏人の違いが分かればお金を貯められる

お金持ちと貧乏人の違いが分かればお金を貯められる

お金持ちは、自己投資や人間関係にお金を使います。

お金の無駄遣いは極力行わずシンプルに物事を考えていますが、一方貧乏人は見栄や計画性のないことにお金を使うのでお金が一向にたまりません。

スポンサーリンク




なぜお金持ちなのか

お金持ちは、堂々とお金の話をしますが、貧乏な方はお金の話をするのは嫌がります。

お金をしっかりと見つけることができなければ、収入、出費はもちろん、節約やお金の流れなど細かいところまでお金を管理することができます。

つまり、お金について恥ずかしがること自体がナンセンスです。

そして、自分を成長させるためにお金を使い、知識や技術を向上させるために自己投資を惜しみません。

お金持ちは掛け算でお金を稼ぐ

貧乏人の特徴として、時給制の仕事で働きます。

時給1000円~1500円で一か月寝ずに働いたとしても50万円ほどしか稼げません。

自分の時間を売るのが最も簡単にお金を稼ぐ手段ですが、人に雇われてお金持ちになれる人間は本当にごく一部の優秀で忍耐力のある人間だけです。

大抵のお金持ちは、自分で何かをして不特定多数の人間をターゲットにして時給のように足し算でお金を稼ぐのではなく、掛け算でお金を倍に増やす方法をとっています。

時間を売るのではなく、販売量で勝負しています。

雇われは確かに簡単にお金を稼ぐことができますが、お金持ちを目指すのであれば、自分から何か行動を起こすしかありません。

貧乏人に多い特徴

よく考えずにお金を使う人は、お金持ちになれません。

お金を使うときに、しっかりと必要なのか不必要なのか考えて、無駄遣いを極力減らさなければお金持ちになれません。

人目を気にして、ブランド品、一戸建て、高級車など見栄のための消費も無駄です。

こうしたお金の使い方は、お金がたまらず減る一方です。

自己投資ができていなければ、長期的な目で見てお金を稼げません。

節約しお金の流れを把握すればお金が貯まる

いくらお金を稼げていても無駄遣いをしていてはお金持ちになることはできません。

節約すると生活の中で喜怒哀楽が増えて、活性化されます。

お金がないと付き合い内、表面的な付き合いが減るので、自分にとって優先事項が高い本当の友好関係を結べるようになります。

無駄な飲み会を断りお金を節約し、自分を高めるための時間に充てることができれば、自分のスキルをさらに高めることができます。

また、節約しても食費をケチってしまうとストレスになり、余計に出費が増えてしまう可能性もあるので、食事はストレスがかからないぐらいに調整しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする