1億円の手取りと一般人が一億円稼ぐ方法とは

1億円の手取りと一般人が一億円稼ぐ方法とは

誰もが1億円あったらどうすると考えたことはあると思います。

年収1億円以上稼げる方は、全て成功者でお金持ちの枠に余裕で当てはまります。

1億円は高いハードルであり、そして目指すべき目標の数字にしている方も非常に多いです。

1億円稼いでいる人間は日本でどのくらいいるでしょう?

スポンサーリンク




年収1億円の割合

年収1億円の人は、日本には約0.009%の割合でいるとされています。

人口で計算すると、約11000人です。

11000人以上1億円稼いでいると聞くと結構1億円を超えている方が多い印象ですが、1000人に1人稼いでいるかいないかの数値なので、1億円オーバーで稼げる人間は超レアです。

また、年収100億円以上稼いでいる人間は日本人で4人いると言われています。

ユニクロの柳井さんとソフトバンクの孫さんは、間違いなくこの枠に入っています。

年収1億円の手取り

年間手取り総額が約5000~6000万円

月給手取りが約500~600万円

年収1億円の税金

所得税:約3890万円

市民税:約1000万円

所得税で約4割持って行かれ市民税で約1割もっていかれるので自分の手取りとしては約半分ほどになります。

年収1億円の生活

手取りで約500万円以上あるので、月100万円で押さえたとしても400万円貯金に回すことが可能です。

1億円を超える年収の方は株式や土地に投資する方も多いのです。

そして生活スタイルですが、質素な生活をしている方が多いです。

このぐらいのお金を稼ぐ方の多くは経営者の方が多く、一部のタレントやプロスポーツ選手も1億円以上稼いでいますが一部だけなので豪遊しているイメージはありますが、経営者の方は、会社の売り上げが落ちたりした時に会社を持ち直すために自腹を切る覚悟を持っているのであまり無駄遣いをしません。

豪遊社長のイメージは、事業になれていない成金の人たちが作り上げたイメージです。

そんな方は大抵会社を潰して借金生活になっています。

1億円以上稼いでいるという事は、会社にかなりの経費が掛かっている場合がほとんどなので会社の為に自分の人生を犠牲にする事も少なくはありません。

1億円以上稼げる職業

プロ野球選手

巨人の阿部新之助選手は5億7000万円

プロ野球選手の平均年収は約3700万円なので10倍以上稼いでいる計算になります。

サッカー選手

テニス選手

錦織圭は推定年収20億以上と言われています。

プロゴルファー

ジョッキー

など、プロスポーツ選手と言っても1億円の壁を越えられる方は少ないです。

上位成績を残さなければ1億円を超える事はまず無理です。

大手企業の役員でも年収1億円以上稼ぐことが出来ます。

カシオ計算機 樫尾和雄氏 12億3300万円

キヤノン 御手洗 冨士夫11億0500万円

日産自動車 カルロス ゴーン9億9500万円

一般人が一流のスポーツ選手や大手企業の役員になれるかといわれたら、年齢が高ければ高いほど無理です。

特に現在中小企業に勤めている方になれと言われても、そんなむちゃくちゃなと言われてします。

では、一般の方が年収1億円稼げる可能性がある方法をご紹介します。

普通の人間が1億円稼ぐ方法

王道路線で言えば、株、土地、FXが最も一般的です。

一般の投資家で1億円以上稼いでいる方も多いです。

また、自分で起業し社長になるしか1億円オーバーは目指せません。

普通のサラリーマンで稼げる限界値として年収1000万円稼げれば相当いい方です。

3000万円以上ともなると、投資家、起業家になる以外に一般の方がお金持ちになる方法は難しいです。

ネットビジネスで、アフィリエイト、ユーチューバ―でも年収1億円の壁を超える事が出来るケースもあるので諦めずにチャレンジし続けることが何よりも大切です。

これらを副業として単体で年収1000万円を超えた場合には、個人事業主か会社を立ち上げる方が多いので継続し努力し続けることが一番大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする