年収3000万円の手取り、生活スタイルとは?

年収3000万円の手取り、生活スタイルとは?

年収3000万円を稼ぐことができれば、ひとまずはお金に困らない生活が出来ると言われています。

もちろん無駄遣いをしてしまえばお金が足りなくなりますが、多少の贅沢をしてもお金が足りなくなるという事は、3000万円稼ぐことができれば問題はありません。

スポンサーリンク




年収3000万円の手取り

年収3000万円の場合

手取り額:約1800万円

一ヶ月の給料:180~250万円

所得税:約800万円

税金の内訳

市民税:平均270万円

復興税:約15万円

社会保険料:160万円

配偶者あり、なしで多少変わってきますが、年収3000万円であれば手取りは約1800万円となります。

月にすると約180万円も使えるので、一般の生活をすれば楽に生活することが出来ます。

年収3000万円の割合

男性で5~10万人、女性では1800~3000人ぐらいです。

日本の場合、年収300万円台が最も多く510万人で、次に多いのが年収400万円台470万人です。

割合でいえば0.2~0.3%だと言われています。

これをわかりやすく説明すると500人中に1人しか年収3000万円に到達できません。

学校の全学年合わせた人数で一人いるかいないかぐらいの数値なので、相当レアです。

3000万円の生活

実際年収3000万円以上稼いでいる人間は忙しくて、自分や家族との時間がなかなか取れません。

休日も接待に参加しなければならないなど、お金を稼ぐために自分の時間が少ない方が多いです。

住宅事情も賃貸には住まわずに、交通機関の便利な都心から30分以内の駅に近い場所で住んでいる方が多いです。

普通の家と比べれば敷地、住宅広いですが特別大きな家に住んでいる方は少ないです。

車に関しては、1000万円以下の車が多く特別な高級車に乗っている方は車が趣味でお金をかけている方です。

3000万円の子供の教育

子供がいる家庭では、小学校の頃からほぼ私立小学校へ通っており、塾や習い事に関してもお金をけちらずに使っています。

子供が一人の場合でも大学まで通わせるとしたら、3000万円以上かかりますが、教育に関してお金をケチる方は少ないです。

年収3000万円以上の仕事とは?

平均年収が414万円ですが、年収3000万円を超える方の仕事はどんなものか気になります。

年収3000万円以上稼ぐことが出来る人は、開業医、病院の医院長など医者でもかなり上のクラスにならないと貰うことが出来ません。

また、タレントやスポーツ選手もこの金額に到達できますが、一握りの人間だけです。

最も多い職業で3000万円以上稼いでいるのは、社長です。

自分で起業するか、親のやっている会社を受け継ぐなど社長クラスであれば、年収3000万円以上稼ぐことができます。

また、株やFXのトレーダーでも3000万円以上稼ぐことができます。

不労所得の土地を管理しているだけでも貰っている方もいるので、方法次第では年収3000万円は稼ぐことは不可能ではない数値です。

1億円以上稼ぐには、相当高い壁があるので、それと比べると3000万円の敷居はそこまで高くはありません。

しかし一般人が、3000万円を目指すのあれば相当な努力と運が必要になるのも事実です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする