成功者は人間観察に優れている

成功者は人間観察に優れている

ビジネスやスポーツで成功している共通点として、人間関係に優れています。

成功者は常に多くの人と関わり、様々な人を観察することで相手の良いところや悪い部分を観察しています。

また、様々な人達とコミュニケーションを取ることで、どんな相手でも理解する努力を惜しみません。

様々なタイプの人間を相手すればするほど、相手の目線はどこを見ているのか、おかしな言動をしていないのか、見ています。

自分を正確に知るためにも、様々な人と比較し、自分の個性を磨くことにも繋がります。

人間観察は、他人の情報だけでなく、自分をさらに高めるために使えます。

他人を理解するということは、ビジネスを成功させるために最も重要なポイントになります。

スポンサーリンク




成功するには他人を巻き込んで考える

自分だけが幸せになりたいと考えて、自分のために努力するのも大事ですが、その方向性では、自分本位の考え方なので、他人の気持ちがわからずお店を立ち上げたとしても自分にだけよい店になってしまうので、自分に似ている人しか売り上げを上げることができません。

しかし、「他人を幸せにしたい」、「こうすれば自分だけでなく他の人間も便利ではないか?」と考えれば、自分以外の人間をターゲット層におけるので、何か商売するときにでも自分本位のアイディアでなく、他人にも便利なアイテムを生み出すことができます。

特にビジネスの成功者は多くが持ち合わせているスキルです。

自分のためだけに頑張っても、自分本位のものになりやすいです。

しかし、他人のために頑張っているときは、他人がどうすれば便利になれるのか、他人が知りたがっている情報はなにかを考えれば、求めているものが見えてきます。

この他人のためにというのを具体的に行うには人間観察に繋がります。

アフィリエイトでも、どんな検索キーワードで検索してきた人間がどんな情報がほしいのか、何をほしがっているのがわかれば、その情報をまとめれば、検索してきた人間にほしい情報を登録させたり、買わせたりできます。

ニーズとマッチングさせることができれば、どんなニッチなアイテムであれ売れます。

これが、ビジネス全体にも言えることです。

人間観察のトレーニング

人間観察で一番大切なのが、その人が何を考えているのかを知ることです。

そこで、人間観察をした相手にあだ名をつける方法をおすすめします。

知り合いで性格を知っている方であれば、見た目だけでなく、その人の生き方と一致するようなあだ名を考えられればより相手を理解していることに繋がります。

例えば、眼鏡をかけている方を博士とあだ名をつけた方は多いと思います。

眼鏡をつけているというだけで、頭がよく見えるまたは学者は眼鏡をかけているイメージから博士というあだ名になります。

そして、その方の特徴を加えることで○○博士というあだ名になります。

相手の特徴を観察することで相手のことが分かるようになり何をすれば喜ぶのか、どうすれば怒るのかがわかってきます。

人間観察がうまく相手にうまく合わせられて、マメな方は異性にモテるのもこのためです。

見た目もある程度は大事ですが、一緒にいて楽しい、自分を理解してくれる人がモテるからです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする