他人の反応を意識して自分を磨く

他人の反応を意識して自分を磨く

一流の落語家の方は、お客さんの反応をリアルタイムで見て、時には話の調整や言動にアクションをつけます。

しかし、一流の落語家以外では、お客さんの反応を全然見えていないので、自分のペースで勝手に自分の話したいことを話してします。

これは、落語家にかかわらず、ビジネスの現場だけでなく他人とのコミュニケーションでも同じことです。

例えば、重要なプレゼンテーションなどで前に出て企画を説明するとします。

その時に、聞いている反応が鈍いと分かれば、注目させるためにメインの部分の説明を早めたりすることができます。

こうした他人の反応を正確みる能力は、コミュニケーション能力において非常に重要です。

自分をより高めるためには、他人からのシグナルを見落とさずとさないことです。

スポンサーリンク




他人とのコミュニケーションは失敗の連続

他人とのコミュニケーションは、誰にでも失敗があります。

例えば、イラついてついつい言い過ぎてしまったり、その場にそぐわない発言をしてしまったりするものです。

しかし、そのような時に冷静に周りを観察できる余裕があれば、必ず周りの人が何かしらの反応があります。

その反応に対して、うまく対処できるかできないかで、自分の立場が決まってしまいます。

例えば、部下との話し合いの中でパワーハラスメントのような発言があったとします。

部下に「それはパワーハラスメントです」と指摘したとして、上司が冷静であれば「言い過ぎた、すまん」と反省することができれば、今度このような発言はしないようにすることができます。

しかし「それは受け止め方次第で、パワーハラスメントではない」という考え方しかできなければ、そこから自分の考えの修正ができなくなります。

このようなコミュニケーションの失敗は、自分が一番で自分の考えが間違っていないと思い込んでいる人間に多いです。

他人の反応が見えていればこのようなことは起きません。

また、失言で相手を傷つけてしまうときなど、相手がどう受け止めるかわからない人間はコミュニケーション能力が低いです。

相手とのやり取りで発言の失敗は誰にでもありますが、失敗自体を悔やんでも起きてしまったことは覆すことはできません。

失敗したときにそこから学ぶ謙虚さと素直さを持ち、他人の反応に敏感になれば自分の都合のいい様に物事を進むこともできます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする