他人からみた自分をイメージする

他人からみた自分をイメージする

他人が自分をどう見ているのかを考えるのは非常に重要です。

一流のモデルや役者は、自分が撮られているときに、印象の良くするためにはどうすればよいのか他人から見た自分をイメージし、実際に撮られて写真や映像とのギャップは極めて少ないです。

そのため日々、自己イメージすることに長けており、自分がどうすればよく見えるのかとってもらえる角度、ポーズや表情の作り方など、すべて計算して撮影に臨んでいます。

一方で、写真や映像の撮影に撮り慣れていない人では、表情がぎこちなく、硬い非常になったり、行動がスムーズにできていない方が多いです。

プロのモデルや役者レベルにはならなくてもよいですが、自分自身を客観的に見て、他人からみた自分の印象をイメージすることができれば、相手に与える印象を良くすることができます。

スポンサーリンク




コミュニケーション能力は高ければ高いほど良い

例えば、ビジネスマンが取引先と打ち合わせで、取引先の会社が自分をどうみているか?ということを把握するために、自分が他人から見たときのイメージをシミュレーションしておくのは極めて有効な方法です。

このように客観的に自分を判断することができれば、取引で自分の有利な方に話を進めやすいですし、取引を成立させやすくなります。

コミュニケーション能力は高ければ高いほど有利です。

グローバル企業でとして成功やビジネスマンとしての成長の基礎となります。

自分で自分を客観的に判断できない人間は、失言を繰り返してしまい大きな失敗を犯してしまい損をしていします。

これは、ビジネスに限った話ではなく、家族・恋人・友人などすべての人間関係に当てはまります。

また、ビジネスや起業に成功したとしても、調子を乗ってしまいり自分の行動を客観的に判断できなければ、注目された瞬間に、世間から批判を受けて瞬殺されてしまう危険があるので言動には気を付けなければなりません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする