負け癖を抜け出す勇気を持つ

負け癖を抜け出す勇気を持つ

誰しも失敗をしたくないです。

ですが、安全策ばかりの消極的な行動を取っていて、チャンスの時に行動できないばかりか、そもそもチャンスが訪れる数すら激減します。

「失敗したくない」

「自分は辛いことがあると逃げてしまう」

と考えてしまうことはしょうがないですが、自分自身が負け癖があると認識していない方もいます。

まずは自分を客観的に判断して、負け癖の施行を持っているのかいないのかを知る必要があります。

負け癖を治すためには、新しいことにチャレンジする勇気が必要不可欠です。

「自分はもっと努力できるはずだ」と気がつけば、自分の弱い意志を跳ね除けて行動することができます。

自分を負け癖だと認識していない人、または認識していても直そうとしない人は、同じ失敗、同じ負け方を何度も繰り返してしまうわけです。

盤上ゲームの将棋やチェスでいう「感想戦」ができていないのと同じことです。

どうして負けてしまったのか、どのタイミングで勝敗を決してしまったのか、失敗を振り返る習慣がないと同じことで何度も負けてしまいます。

スポンサーリンク




トライアンドエラーで試す

失敗することは当然と考えて行動しましょう。

一流の人間ですら未来はわからないので失敗することもあります。

成功者は、失敗してしまってもリカバリー能力が高いので、失敗してもトライアンドエラーを試し成功するまで行動し続けます。

自分の行動を反省し、次はこんな風にやれば成功するのでは?と冷静に客観的に成功する可能性を探る習慣を身に着けることができれば成功者に近づけます。

やらない言い訳を探せば、いくらでも出てきますが、それでは自分を成長させることができません。

安全で勝てる試合しかしないのも確かに安全ですが、勝つか負けるわからない勝負するプレッシャーをかけることで思考能力が行動し、どうすれば勝てるようになるのか、考えるようになります。

勝敗が低ければ低いほど買った時の喜びは増えます。

負ける勝負しかしていない人間はダメ

勝っても負けてもどっちでもよい、自分はすでに負けていると考えている人間は、本気になって行動することもできませんし、全力を出していないということにも気が付いているはずです。

大失敗できる勇気を持っている人は、逆に大成功をできる可能性があります。

つまり、大失敗をする勇気をもって行動できなければ、大成功もできません。

自分の力を信じて全力で取り組む姿勢がなければ大成功はできません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする