客観的に失敗の原因を探る

客観的に失敗の原因を探る

自分では失敗していないつもりでも、第三者から見れば明らかに失敗している方は結構多くいます。

誰もが自分の失敗を認めたくないですし、自分が正しいと意固地になります。

しかし、成功者やお金持ちを目指すのであれば、客観的に自分の行動を把握し、早い段階で失敗を成功の道に修正しなければ、致命傷を受ける可能性があります。

客観的に自分を判断するのをわかりやすく説明すれば、自分が勉強や作業をしているときにカメラで自分の事をうつしているような感覚で自分自身を観察できているかが重要です。

しかし、自分を客観的に観察するのは非常に難しいです。

自分の見た目であれば、男性であれば身だしなみを整える時や女性であれば化粧をするときに鏡を見て相手から自分が見られたときに印象をよくするために整えますが、自分の考え方や行動の癖を客観的に判断するのは難しいです。

スポンサーリンク




思考を柔らかくし、自分を客観的に判断する

自分を客観的に判断し行動する職業が役者です。

役者は、演技に集中しているときにでも、演じる役、どんなシーンでも自分自身を客観的に判断しなければ、優れた演技ができません。

また、画家や芸術家も自分の作品のクオリティを知るために、作品を客観的に判断しなければなりません。

自分で最高の作品ができた!と言っても第三者から見れば大したことがなければ話になりません。

また、仕事中にしても、自分が仕事をしているときに、緊急の仕事が突然入ってきたとしても、自分の状況を客観的に判断できれば、緊急の仕事を終わらせるための必要な時間と自分が行っている仕事が終わる時間を正確に判断することができるようになり、上司にこれだけ時間をいただいてもよいですか?と聞けることができます。

何も考えずに受けますと言ってしまえば自分を追い込んでしまうとしますが、客観的に自分のスキルを判断できれば、できるかできないかはわかります。

このように自分を客観的に判断できるようになれば、自分の失敗の修正が簡単に行えるようになり、自主性が高まり、これまでの失敗を冷静に振り返ることができれば、同じ失敗を繰り返さなくなります。

また、自分を客観的に見ることができれば、コミュニケーション能力が向上します。

なぜなら、コミュニケーションは必要な言動を自分自身の取捨選択で発言しているからです。

ついカッとなって余計な一言で相手を怒らせてしまうのは冷静に判断できていない証拠です。

相手に良い印象を与えたらどうすれば良いのかは、少し考えれば誰でもわかるはずです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする