年収1000万円の生活事情とは?

年収1000万円の生活事情とは?

年収1000万円と言えば、かなりお金を稼いでいるイメージですが、実態をまとめてみました。

1000万円ではどのぐらい贅沢をして暮らせるのかご紹介します。

スポンサーリンク




年収1000万円のイメージ

年収1000万円と聞けばかなりお金を稼いでいる印象があります。

もちろん東京の高級住宅街に住んでいる人と比べると「えっ、年収1000万円で生活できるの?」と言われてしまうレベルですが、一般の方からすれば十分に稼いでいます。

年収1000万円は、お金持ち・裕福家庭の入り口の目安とも言われています。

年収1000万円稼いでいる人の割合

日本人で年収1000万円以上稼いでいる割合をご紹介します。

その前に、国税庁の民間給与実態統計調査の日本の平均年収は414万円です。

そして男女別の平均年収は

男性 511万円

女性 272万円

男性は年齢を重ねるごとに昇給でどんどん給料を伸ばしますが、女性の場合はアルバイト・パートも多く含まれるので全体的に年収が低いです。

年収1000万円以上収入がある人の割合

  • 男性 6.3%
  • 女性 0.8%

年収1000万円以上年収を貰っているの割合は、男性で100人に約6人の割合です。

女性で年収1000万円を超えるのは、100人に1人以下の割合なので、かなり難しいです。

また男性でも年収1000万円越えは普通に難しいです。

平均年収が511万円となっていますが、一部のお金持ちが引き伸ばしている上に、日本の8~9割は中小企業なので年収400万円あれば良い方です。

また20代で年収1000万円以上稼げる方は、1000人に1人いるかどうかです。

大企業に務めればある程度年齢を重ねれば到達できるレベルですが、ある程度役職が付かなければ難しいです。

年収1000万円の手取り総額

年収1000万円稼いだとしても、税金や保険料で引かれてしまうので1000万円丸ごと使うことはできません。

給料から天引きされる基本的なものとしては、

  • 市民税・所得税
  • 健康保険・雇用保険・厚生年金

これらが給料から天引きされるので、1000万円ジャスト稼いだとして、手取り総額に計算すると、約700~800万円です。

税金で2~3割引かれてしまうので、かなり手取りが減ります。

年収1000万円の貯金事情

年収1000万円の手取り750万円を月に貰える金額として計算すると62万5000円です。

この数字を見るだけだと、そこまで贅沢できない事が分かります。

一般の家庭と比べるとかなり楽な生活が出来ますが、お金持ちと呼べるかといわれたら微妙なラインです。

少し贅沢をすれば使い切ってしまいます。

夫婦や子供がいる場合では国の調査で月にかかる生活費が25~30万円が一般的な出費です。

それを計算すれば30万円ほどは余るので、貯金をすれば年間で300万円ぐらいは溜まります。

生活水準がガラッと変わる年収は3000万円以上から

お金持ちの水準で考えれば、年収3000万円以上からお金持ちと呼ばれるぐらい稼いでいます。

生活水準で考えれば年収500~1500万円は、多少の差はありますが生活レベルの差はそこまでありません。

生活レベルが一気に上がるのと同時にお金に困らなくなると言われているのが3000万円以上からです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする