成功するには目の前の事に集中できるかがカギになる

成功するには目の前の事に集中できるかがカギになる

成功者になる為には、自分の目標や夢に向かって進むときの作業中にどれだけ集中できるかがカギになります。

ただがむしゃらに作業しているのとはわけがちがい、「作業中でも時間を忘れて作業出来る」、「作業中もストレスを感じず楽しく作業出来ている」、「自分の得意な事をリラックスした状態で出来ている」などの時は、リラックスしているけど、最高のパフォーマンスをキープできる集中力があれば、短時間でも効果的に作業することができます。

勉強で例えるとわかりやすいです。

いやいや勉強しても頭の中に入ってこないで、早く終わらないかなと考えてしまい集中できていない状態が簡単にわかりますが、自分の調べたいことを勉強しているのであれば、わかるまで徹底的に調べることが出来る上に、分かった時の爽快感は非常に嬉しいです。

勉強や仕事で最高のパフォーマンスを発揮するためには、集中でしている状態です。

もっとも理想的なのが、スキルと課題がともに右肩上がりする事です。

スポンサーリンク




苦しい状況でも集中力を維持する

成功する方が楽に成功しお金持ちになれるわけがありません。

数多くの失敗の積み重ねの上に、成功者になっています。

どんなに苦しい状況でも、成功者の場合は、苦しい状況を超えた先に自分がより成長出来ると考えているからです。

また、成長出来ると考えいなくても、負けたくない、お金持ちになりたいという強いモチベーションがなければ苦しい状況でも集中力は維持できません。

大切なのが高いモチベーションを維持し、継続して続けられるかがカギとなります。

その為には、受け身ではなく積極的に行動し取り組む意識が必要です。

誰の為でもなく、自分自身の為に行動していると考えれば辛い事でも続けられるはずです。

人は楽な方に流される生き物ですが、辛い道を進んだ先にこそ成功という道が存在します。

普通であれば、勉強するのは嫌だ、仕事をしたくないと考えてしまいますが、更に収入を得るために副業を頑張るという意識を持てば、勉強し、仕事で疲れていても家で作業が出来るはずです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする