自分の限界を決めない

自分の限界を決めない

「自分はどうせ才能がない、何をやっても意味がない」

「失敗するのが怖くて、新しいことにチャレンジできない」

「もう若くないから、行動できない」

こんな風に考えたことはありませんか?

このようにマイナス思考のネガティブに考えは自分の行動を制限を設けてしまっているので、成功者・お金持ちになるのは非常に難しくなります。

毎日がただ惰性に生きるしかなく、今の仕事を辞めたいと考えても生活があるからやめられないと言い訳を重ねて何も行動できない方が非常に多いです。

また、運動したくても体を動かしたら筋肉痛で仕事が辛くなると思って、痩せたいと考えていてもなかなか行動できないこともありませんか?

人間にも限界はありますが、やらないよりはやったほうがいいに決まっています。

脳や体は使わなければどんどん衰えてしまいます。

つまり、使わなければ体は弱り、頭で考える思考能力が低下してしまい、負の連鎖が生まれます。

自分ができることには限界がないと考えて行動する人間は非常に強いです。

年齢が60歳だって筋トレしてマッチョになれる方だっていますし、10代で1億円以上稼ぐことだってできます。

行動すれば可能性は無限大です。

自分の限界点を決めずに、どんどん新しいことにチャレンジできる人間のほうが成功者・お金持ちになれる可能性が高いです。

スポンサーリンク




プラシーボ効果を使う

プラシーボ効果とは、思い込みによる力で自分はなんでもできると一種の自信をつけるための方法です。

病気の人にこの薬を飲めばあっという間に病気が治ると処方された薬を飲んでたちまちよくなった例があります。

実は、その薬はただの栄養剤で作った偽物だったという話があります。

有名な医者であの人に見てもらえば安心だ!というのも一種の思い込みの力です。

薬を飲めば治ると思い込むだけで治りが早くなったり、安心した気持ちになるのもその効果です。

逆に、薬を飲んでも治らないと思い込んでしまうと、効果のある薬を飲んだとしても効きが弱く感じます。

まさに自分で自己暗示をかける方法です。

病は気からと言われていますが、自分にはできる、できないという基準は、自分で決めるか第三者が勝手に決めつけているかの二択です。

やろうとする行動力と、新しいことにチャレンジして失敗を経験してもいつかは成功できると思い込めば、年齢性別問わずチャレンジできるはずです。

自分に言い訳をしない

重要なのが、勉強や仕事でもうれしいと思えるようなことをやって達成感を味わうような体験をしてやる気を高めなければなりません。

「私にはやりたいことがない」

「やりたくないことはやりたくありません」

「自分は、仕事(家事)があるからできない」

と、めんどくさいからやりたくないと言い訳ばかりしている方は、人生の幅を狭めています。

生きていれば、どうしてもやりたくないことしなければならない時もあります。

自分にとって辛い事だけど、この経験を生かせる時がくると考えて行動すれば、自分の考え方や行動が少しづつ変わっていくはずです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする