失敗は成功の準備

失敗は成功の準備

何事も失敗する体験はつらいものです。

しかし、失敗は成功の母と言われているように、初めからすべて失敗をしないで順調に物事が進むことは非常に珍しいです。

設定した目標に向かって継続するためには失敗はつきもので、成功したいと考えれば失敗するのも当然と考え方を持てば何事も継続して続けられます。

何度も失敗をしてしまっても、あきらめなければ成功する確率もどんどん上がっていきます。

成功する人の多くは、数多くの失敗の上に成功という栄光をつかみ取っています。

現代人は、失敗を恐れてしまい行動できない場面が多いです。

失敗をさせない環境は良くないとまで言われています。

失敗を想定しないのは、自信過剰といえます。

失敗を想定しない状況でシミュレーションしても、いざ危機的な状況になったときに何もできないところか、さらに状況を悪化してしまう可能性が高いです。

失敗を体験している方は、この状況になれば、こうした切り返しで乗り越えられると知っているので何事も経験をしておくといざというときに役に立つことが多いです。

こうした危機的状況を乗り越えられる経験ができればさらに自信もつき、良い循環が生まれます。

もう辛い体験をしたくないと考えている人は、自分の可能性を潰しています。

今は確かに辛いけどここを乗り切って成功すれば自分の為にもなるし、気持ちもすっきりしてうれしいと考えられるようになれば失敗を恐れずにチャレンジできます。

スポンサーリンク




成功確率が低いこともチャレンジする

成功者は常に安定した道をとるだけでなく、勝算が低くても勝負どころは勝負しに行くところにあります。

安全策をとっている方が、お金持ちになるのは非常に少ないです。

それか通常の人よりも努力しなければ無理です。

成功確率が低ければ低いほど、成功した時の喜びは計り知れません。

これがわかっている方こそ、成功に向かって努力することができます。

成功確率が低いものに対して萎縮して挑戦できないのは、傷つきたくないと心や体がセーブしているからです。

失敗して落ち込むのはしょうがないです。

しかし、それで行動できなければどんどん安全な道しか歩けないです。

その考え方自体は間違っていませんが、お金持ちや成功者になりたいのであればリスクを取らなければリターンを得られません。

新しいことにチャレンジし続ける事は、子供の頃に誰もが体験しています。

大人になるにつれて新しいことにチャレンジできずに安全策をとってしまいます。

何かで失敗してしまった時にトラウマになり新しいことにチャレンジ挑戦できないように行動にセーブされてしまうこともあるでしょう。

しかし、小さなことでもチャレンジをしてそれが失敗してしまったとしても、成功につなげるための失敗と考えられるようになれば何事も行動することができます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする