正社員とフリーターの生涯賃金の差

正社員とフリーターの生涯賃金の差

お金持ちを目指すために投資や自分を高めるためにお金を使う為にお金が大いに越したことはありません。

正社員とフリーターの方では、生涯賃金の差は約1億3000~5000万円はあります。

つまりこれだけ損をしていることになります。

ただ単にアルバイトをしている方は、すぐにでも正社員を目指したほうが良いです。

1億以上の差を、多少節約した程度で埋めることはできません。

特殊なスキルがなければ、お金でお金を稼ぐ方法が最もお金持ちになりやすいです。

スポンサーリンク




フリーター場合は正社員を目指したほうが良い

よほどの理由がない限りは、正社員を目指したほうが賃金が高く貯金もしやすいです。

交通費の支給や社会保険を半額支払ってくれるなど、正社員は束縛されるからいやだという理由もわからなくはないですが、長い目を見れば正社員の方が圧倒的に稼ぎもよいのでお金を貯めるうえにも有効です。

大手企業でなくても、中小企業で働いたとしても年収300万円ほどは稼げるはずです。

残業をがんばれば年収400万円以上も稼げます。

20歳から30歳まで働けばうまく貯金をすれば1000万円以上ためることも可能です。

フリーターのままお金持ちを目指せなくもない

日本市場において学歴が良ければ良いほど就職先はいいです。

しかし学歴が良いから=お金持ちになれるというわけでもありません。

中卒だとしても自分で起業すれば一気に社長になるわけで、会社が大きくなければ自分より頭のいい人間を下のしたにおくことがって可能です。

つまり、お金を稼げる能力があるかどうかは学歴が良いからといってあるわけではありません。

もちろん頭が良ければ良いほどお金持ちになれるチャンスは多いです。

フリーターのままお金持ちを目指すのであれば、正社員との唯一の差である自由な時間が多いのを利用しなければ無理です。

自己投資し自分のスキルを高めたり、人とは何か違うことをするなどをしなければ厳しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする