専業主婦は一億円以上損失?

専業主婦は一億円以上損失?

専業主婦を求める方は非常に多いです。

せっかく大学を卒業して30歳前までキャリアを積んだのに結婚を機に辞めてしまう方が非常に多いです。

30歳前で正社員を辞めてしまうと生涯年収の1億円以上稼げないとも言われています。

スポンサーリンク




専業主婦の実態

年々女性の大学進学率も高く、そして企業で正社員として働いている方も結婚を機に辞めてしまう方が非常に多いです。

生涯年収を考えると正社員で働き続ければ2億円は稼げますが、30代で結婚してしまうと生涯年収の1億円以上稼げません。

女性の場合は、出産等で仕事を離れなければなりませんが、大手企業や公務員の場合は育児休暇も整っているので育児が出来る環境を考えた就活も大切です。

女性の70%は専業主婦になりたいと考えています。

そして男性の67%は結婚・出産後の働いてもらいたいと考えています。

男性はと共働きを希望する方が多く、女性に働いてもらうことで経済的にも余裕を求める方が多いです。

専業主婦をしながらお金を稼ぐ

旦那の経済的な事情により、女性もパートや正社員で働くことも珍しくありません。

男性の平均年収は、平均44歳で600万円と言われていますが、収入が多い方が底上げしているので多くは500万円あれば良い方です。

500万円からプラス200万円稼ぐことが出来れば生活にかなりの余裕が生まれます。

子供が幼稚園に入ったのを機に専業主婦の方がお金を稼ぐケースが多いです。

専業主婦から生活に困らないぐらい稼ぐには

パートで働く場合は103万円以上稼ぐのは扶養家族を抜けてしまうので難しいです。

そして国家資格などをもっていなければ、正社員として働いても年収300万円~500万円ぐらいでしょう。

旦那と共働きをして世帯収入として年収1000万円ほど稼ぐことが出来れば贅沢な暮らしをしなければ余裕のある暮らしが出来ます。

旦那の年収次第で稼ぐお金の金額が変わってきますが、一つの目安として年収1000万円がハードルと言えます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする