プレッシャーを掛けて効率を上げる

プレッシャーを掛けて効率を上げる

目標を定めて成功させるためには、目標達成の為に作業効率を上げる必要があります。

成功目標を決めたとしても、ダラダラしていてはいつまでたっても目標を達成することはできません。

その為適度に自分にプレッシャーを掛ける事で作業を効率化させることができます。

スポンサーリンク




制限時間を決めて行動する

何か作業する時に制限時間を設けて自分に負荷をかける方法です。

勉強をするのであれば1時間以内で問題を解くや読書をするのであれば今日は暇なので3冊は読むと自分で決めて取り組めば作業効率が飛躍的に向上します。

これは勉強だけでなく、仕事にも応用できます。

クオリティを下げずに短い時間で仕事をやる癖をつければ自然と仕事に対しても心の余裕が生まれます。

自分自身に適度なプレッシャーを掛け続ければ、自然に行動する事が出来ます。

例えば、20分でやる仕事を「17分で終わらせる」と具体的な目標を決めれば、どうすれば17分で終わらせられるのか逆算して行動できるので作業効率がグッとあがります。

制限時間を決めて行動できれば、物事に対する集中力が増して、向きっている作業の効率化ができるので非常に魅力的です。

制限時間内に終わらないのであれば、時間を延長してもかまいませんし、逆に早く終わってしまえば、さらに自分をレベルアップさせるためにもっと時間を短くする方法も良いです。

クオリティを下げない

ここで大事なのが、時間が間に合わないからといってクオリティを下げないことです。

また、時間をかければかけるほどクオリティは確かに上がってきますが、必要以上に拘るのは時間の無駄ですし、かといって自分が納得できないレベルまでクオリティを下げてしまっては元も子もありません。

クオリティを維持しつつ制限時間を守るのが理想です。

クオリティを維持できないのであれば時間を延ばした方が絶対に良いです。

時間制限で作業する方法を身に付ける事ができれば、クオリティを保ちながら仕事が出来るようになるので非常に心強い武器になります。

この方法の良い所が、時間制限を設けているので目標が明確化されます。

多くの成功者もこの時間制限を設けて作業してるので仕事だけでなく、短い時間を有効に使い効率よく自分の時間を有効活用しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする