成功確率が低い時に成功した時はもっとも喜びを感じる

成功確率が低い時に成功した時はもっとも喜びを感じる

失敗をしてしまったことを再度挑戦した時に成功すればより嬉しいと感じます。

通常よりも嬉しいと感じる理由としては、失敗してしまった時の痛みを覚えているので、この成功は価値のある成功だと無意識で考えているからです。

一度の失敗よりも何度も失敗をし続けた上で成功したのであれば喜びは増大します。

成功確率が低ければ低いほど、喜びを感じるように脳が出来ています。

例えば、ロト7・BIG・ドリームジャンボ宝くじなどで億以上当たったとします。

その時に、思考が停止するほどの達成感と喜びに満ち溢れる事間違いなしです。

勉強でも難し問題が解けた、仕事で契約できない相手だと思っていたら契約してもらえた、スポーツで自分より格上の相手に勝てたなど勝率が低ければ低いほどバネとなって達成感と喜びがあがります。

パチンコや競馬などのギャンブルにはまってしまう方はこうした、万が一の達成感を手に入れたいからはまり込んでしまう傾向があります。

成功者の場合は、失敗を積み重ねてもその他とにある成功できた時の達成感、喜びをしっているから辛い事を我慢して耐えています。

辛い事や逃げ出したくなることは、生きている上で多いですが、こうした直面に対した時に逃げずに立ち向かえるのかが成功者になれるかなれないかの違いです。

スポンサーリンク




同じ失敗を繰り返さない

ここで大切なのが、同じ失敗を繰り返さない事です。

失敗を反省しなければ、同じ場所で失敗を繰り返してしまうので、成功へ到達するのが非常に困難になります。

失敗には必ず原因があります。

原因を特定し治すことで、成功する可能性を上げることができます。

失敗を繰り返してしまう場合には、次のような手順を自問自答してください。

  • 目標設定が曖昧になってないか?
  • 努力の方向性を間違えていないか?
  • 正しい自己判断が出来ているか?

これらを確認することで、今まで気が付かなかった問題に気が付けるはずです。

失敗を繰り返すのは原因があります。

癖で治らないと言い訳をする前に、一つ一つ確認して成功に導けるように自分で治すしかありません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする