成功をイメージして目標を決める

成功するためには自分で目標を決めなければならない

成功者の思考で考えると、自分の中にある大きくても小さくても全て目標設定すべきです。

やらなければならないと言う意思を持ち、自分が行動するために背中を押し行動する気持ちが大切です。

小説家を目指して芥川賞を目指すのも大切ですが、例え芥川賞を取れなかったとしても、自分が書きたいから小説を書く、自分の書いたもので読者に喜んでもらいたい共感してもらいたいなどの理由も非常に大切です。

ただ単に芥川賞を目指すというだけでは、目標を達成するだけのイメージが具体的ではありません。

成功するためには、柔らかく柔軟な考え方が必要です。

スポンサーリンク




頑張っても報われない?

「自分が努力しても良い結果が出るわけがない」

「天才でもないのに努力しても意味がない」

などと頑張っても意味がないと考えてしまう人は、世間的な成功をイメージした時に自分の成功目標が高すぎます。

大抵の場合は、プロ野球選手・医者・芸能人といった世間的に評価されている人を対象に考えてしまっているので、その人たちと比べたときに自分報われないと考えてしまうのは半ば仕方がありません。

その人たちは努力した結果その地位にいるので、比べること自体がナンセンスです。

自分の小さな目標を一日10~30個ぐらい設定して成功することを繰り返していけば、自分はダメだという考え方から抜け出せます。

成功を体験することで自分でもできるじゃないかと考えるようになり徐々に高い目標に向かって進むことができます。

失敗を積み重ねたとしても失敗した分成功した時の喜びは計り知れません。

初めから一発で成功すること自体が珍しいです。

失敗を積み重ねていき徐々に成長していくことが、成功するためには必要なことです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする