成功するためには自分で目標を決めなければならない

成功するためには自分で目標を決めなければならない

仕事や勉強で伸びやなんでいる方は、自分の成功する目標を定めたとしても、それに向かって努力する基本的なサイクルが出来ていない方が非常に多いです。

これが失敗者の典型的なパターンです。

ビジネスにおける基本的なサイクルは、「計画」→「実行」→「評価」→「改善」ですが、失敗者はこのビジネスの基本サイクルまで行っていない方が多いです。

まず、定めた目標に向かい努力する。

そしてその先に、成功できたのか、失敗したのか、自分で判定します。

目標を達成(成功)できれば問題なく先に進めばいいですが、失敗してしまった場合には、なぜ失敗してしまったのか反省し、成功するためにはどうすれば良いのかを検討して成功するまで繰り返せばよいです。

成功者のサイクルは、目標設定→努力・継続→判定のサイクルで回しています。

全ても目標を一発で成功させるのは非常に難しいです。

失敗した時にどう対処するかで成功者・失敗者が分かれていきます。

スポンサーリンク




誰かに決められた目標は意味がない

多くの人は、親・教師・会社の上司といった世間から与えられた目標を基準に生きています。

親に勉強をやりなさい将来後悔するよと言われた方は非常に多いでしょう。

親は、子供により良い人生を歩んでほしいと考えて言っていますが、子供は真の意味を理解できていないので何も考えずにただ漠然と言う事を行くか、反抗したりします。

重要なのが、誰かに命令されたり押し付けられた目標では、成功者になる事はできません。

誰かに目標を決めて達成したとしてもそこまでの心の底から喜べるような達成感に到達するのは不可能でしょう。

例えば、水泳をしなさいと親に言われて無理やりやっている子供であれば水泳が嫌いになる可能性もあります。

子供が水泳に興味があって水泳教室に通った結果、オリンピックで金メダル取りたいと思って練習をするのとでは全然意味が違ってきます。

自分で目標設定しなければ本当の意味でモチベーション・やる気・継続・努力は出来ないです。

他人から決められた目標でも、褒められれば嬉しいですし、自分で目標を決めるのは大変でやりたくないと考えている方も非常に多いです。

他人に命令されて動くのは非常に楽ですが、成功者になりたいのであれば自分から行動しなければ絶対になれません。

目標設定を他人任せにするのではなく、自分で決めて行動し努力するこれが理想の流れです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする