貧乏人や普通の人がお金持ちになる方法と優先順位

貧乏人や普通の人がお金持ちになる方法と優先順位

今の生活よりも豊かに生活するためにはお金は必要不可欠です。

お金があることで、選べる選択肢が増えます。

お金が全てとはいいませんが、お金があることでより幸せになることは可能です。

今後の人生に置いて豊かに生活をする上で貧乏人や普通の人がどうやってお金持ちになるのかをご紹介します。

スポンサーリンク




お金持ちになる為の優先事項

貧乏人や普通の人がお金持ちになる事を考えた時に、「収入を増やす」、「出費を減らす」、「資産を運用する」の3つが大切になってきます。

絶対収入を増やさなければ余裕のある生活は出来ませんし、生活に似合わない贅沢な暮らしをしていては貯金が増えませんし、貯金などを投資に回さなければよりお金を得ることが出来ません。

この中で一番優先すべきなのはどれだと思いますか?

資産投資が大切だと答える方も多いですが、一般の方であればそこまで優先事項は高くありません。

理由はそれほど資産に投資する金額が少ないからです。

例えば20代の平均貯金額が200万円・中央値70万円で、平均年収が250~350万円となります。

手取りの2割を貯金に当てる計算をすれば年間で約50万円は貯金に回すことが出来ます。

30代の平均貯金額450万円・中央値210万円です。

貯金額から察するに、半分を投資に回せたとしても100万円~200万円ぐらいです。

そして1%の利益を得られたと考えても、1万~2万円ほどしか儲けがでないので投資運用はこの段階でさほど重要ではありません。

お金持ちに手っ取り早くなる為に、起業する選択肢もありますが、この段階での企業はハイリスクハイリターンなので、自分のビジネスモデルがしっかりしていなければ成功するのは非常に難しいです。

では、貧乏人や普通の人がお金持ちになる為の優先事項はこちらになります。

  1. 収入を増やす
  2. 出費を減らして貯金する
  3. 損をしないように資産を運用する

特に収入を増やすことが絶対条件で大切になります。

収入を増やす

貧乏人や普通の人がお金持ちを目指す時に一番重要なのが、自分の手取り収入を増やす事です。

収入を増やす努力をすれば、結果として収入が増えて生活が楽になり他のことに回すお金にも余裕が出てきます。

副業をしたり、家庭を持っているのであれば、共働きするのが収入を簡単に増やす子ゴアできます。

経済的に豊かに過ごすためには、どのように働いてどんだけお金を稼ぐかが重要になってきます。

節約し、節約した分を貯金に回す

買い物や自分のほしいものを買ったときは楽しいものです。

しかし、自分が稼いだお金をすべて消費してしてしまっては、どれだけ収入があっても意味がありません。

貯蓄をして長い目で物事を考えて行動できる視野が必要です。

そしてここぞと言う時には、貯金を切り崩してでも投資する勇気も必要です。

貯金に回したお金を資産運用する

普通の人にとって収入を増やすことと節約して貯金に回すのと比べたら投資はそこまで優先度は高くありません。

収入を増やして貯金もある程度たまってからが勝負です。

資産をうまく運用できればお金でお金を稼ぐこともできます。

普通の人がお金持ちまで這い上がるためには、どれだけ資産をリスクにさらすことができるかが重要になります。

リスクが少なければ必然的にリターンが少なくなります。

堅実に稼ぐのであれば問題ありませんが、お金持ちのレベルまで稼ごうと思ったら時にはリスクをかいくぐらなければいけない時もあります。

そして、買ってはいけない商品や損切することも必要になってくるのでお金に対してクールでなければいけません。

お金持ちになるのは難しい

どのぐらいのレベルのお金持ちを目指すかによって変わってきますが、1億円の資産を貯めたいと考えたときに、年収500万円では1億円到達は非常に厳しいのがわかります。

年収1000万円ですら、1億円の資産や預金は難しいです。

先祖代々の土地などの資産価値を持っている方でしたら話は変わってきますが、親や先祖の資産を考慮しなければ1億円貯めるのには容易ではありません。

普通の方が経済的に豊かに生活するためには、働いている以上の給料を稼ぐしかありません。

お金持ちになるには近道は存在せず、非常に難しいです。

宝くじが当たればなと考えても、現実問題として宝くじに当たる確率は非常に低いですし、起業し成功する、プロ野球選手になる、医者になるなど、生まれた家や才能・努力は必要不可欠です。

サラリーマンで働いている方であれば、今からプロ野球や医者を目指すのはほぼ不可能です。

そのためお金持ちになるためには多少のリスクと努力と根性は必要不可欠です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする