100分の1の人間になる

100分の1の人間になる

自分の給料や年収をはじめに、お金を重視するのか、個人的な活動を優先するのか、または、会社組織に残ってサラリーマンの世界で出世を目指すのか、それとも組織に属さずに自分の力だけで食べていける力を身につけていくのか、どれが正解なのかは誰にもわかりません。

自分が進みたい方向に進んでいくしか方法はありません。

自分の価値観、考え方、目標などによって決断が変わってきます。

自分ひとりで道を選択し、地図もコンパスもない状態で進んでいくのは、孤独と不安との闘いです。

その戦いであなただけしかできない1%の人間になれるかどうかが成功者・お金持ちになるためには必要なことです。

スポンサーリンク




一つの分野で1万人の一人になるのは至難の業

一つの分野でプロになったら、それに付随する別の分野にスライドして複数のプロになった方が、応用が効きやすくお金を稼ぎやすいです。

一般サラリーマンが、優秀なビジネスマンと対抗できるにはこれが最も現実的です。

なぜなら、一つの分野で「100分の1人」になった後に、さらに「1万分の1人」になるのは非常に難しいからです。

100分の1までは誰でも時間をかければ到達できますが、高い頂点を目指せば目指すほど世界レベルの強者が多く強烈な競争となります。

1万人の1人になるには、9999人が敗者がいるわkで競争に勝ち抜くための努力を続けるのは非常にリスキーな行為です。

その上に100万に1人となると99万9999人と戦い方なければなりません。

オリンピックで金メダルととったり、ノーベル賞を受賞したりするのがどれだけ大変なのか想像できるでしょうか?

そこまでの戦いになるのは現実的に非常に厳しいです。

複数の分野で100分の1人になることができれば、3分野100分の1に到達できれば、100万の1人の人材になれるので一点特価するよりも簡単になることができます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする