アイディアをお金に変えられる

アイディアをお金に変えられる

アメリカでベンチャー企業がこれだけ成功している理由の一つとして、アイディアにお金を出す投資家が多いことが挙げられます。

良いアイディアにはお金に変えられる力があります。

日本でもクラウドファンディングと呼ばれる一般の人からお金を集める方法もあります。

お金がなくても、アイディアだけでお金を集めることができる時代になりました。

手元にお金がなくても、アイディアだけで成功する方も珍しくないことがわかります。

この場合人と同じようなことをしていては、この人に投資するのはちょっとと思われてしまうので人とは違うアイディアが重要になってきます。

スポンサーリンク




貯金がなくても儲けられる?

貯蓄がなくても、チャレンジする精神があれば誰にでも可能性があります。

お金というには、価値があるから支払われる対価なので、物を売らなくてもアイディア一つで集められることも忘れないでください。

ほかの人が欲しがるような情報は、お金に変えられます。

ブランドに飛びつくと危険?

一流の大学に入り、大手企業に入れば安泰と考えている現代の若者は非常に多いですが、実はそうでもありません。

なんとなく大学に入って、大手企業に勤めたとしても22歳から60歳まで働き続けなければならない上に、企業内での激しい出世争いに勝ち残れなければ年収1000万円クラスには到達できません。

到達したとしても、早くて30代で40代ぐらいに年収1000万円になればいい方と言われています。

大体の方が年収600万円いけばいい方です。

万が一会社の経営が芳しくなく傾いてしまったら、リストラの対象になるかもしれません。

自分の力で生きていける力こそが、成功者・お金持ちになる秘訣です。

学歴社会というのもあって、多くの人の認識は、「良い大学を出なければならない」、「大手企業に入れば終身雇用があるのでは?」と考えているかもしれませんが、大手企業も何が起きるかわからない現在ではそこまで安全とはいいがたいです。

また東京大学や京都大学などの一流大学を卒業していたとしても、日本ではすごいね!と言われますが、海外での評価はそこまで高くありません。

企業もトヨタなどグローバルで有名な企業であれば海外でも通用するしれませんが、そこまで有名な企業でもない限り海外での認知度もありません。

お金持ちを目指すのであれば、海外展開まで視野に入れることが出来れば成功する可能性も高まります。

理由は、国内消費だけでは人数の限界があるからです。

グーグル・アップル・マイクロソフトなどはどの国にいても同じように使えるのが強みです。

こうしたグローバル目線で考えられる視野もこれからは必要になってきます。

お金を生み出すためには、発想力と行動力が必要になります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする