お金持ち・成功者の習慣

お金持ちの成功者の習慣

企業・スポーツマン・俳優など各分野で成功するお金持ちには共通する習慣があります。

口だけで一切行動しない人を参考にするよりも、成功している人を参考にした方が圧倒的に自分の為になります。

成功者の習慣を身に付けることが出来れば、お金持ちになれる可能性が上がるので是非参考にしてください!

スポンサーリンク




成功者が行っている習慣

目標を立てる

小さな目標から大きな目標まで自分がこうしたい、こうなりたいと思う事を常に考えてモチベーションを維持し目標達成に向かって行動する。

成功者の多くは、目標を定めてどうすればその目標が達成できるかを考えて行動しています。

継続し努力する

モチベーションの維持管理は非常に大切です。

高い生産性とモチベーションが無ければ、目標を達成できません。

その為成功者は、自分のモチベーションを上げる事を考えています。

失敗しても反省し諦めない

成功者は、たくさんの失敗の上に成功を収めています。

失敗したことをクヨクヨせずに、なぜ失敗したのかどうすれば次は上手くできるのか、諦めず行動し続ける精神力を持っています。

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

- イチロー -

時間を大切にする

成功する人は、時間を有効に使っています。

スティーブ・ジョブズの名言で「今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか?」と話しています。

一日一日限りある時間を後悔しないように大切に過ごす。

行動力と決断力に優れている

成功しお金持ちになった人の多くは、行動力があり数ある選択肢の中で迷わずに良い方向に進める決断力があります。

一般人では、チャンスが訪れたときにも変化を恐れて行動できない場面が非常に多いですが、成功者はチャンスを逃さないです。

早起きをする

仕事がうまくいっている人に、朝型が多いか、夜型が多いかを調べると、圧倒的に前者が多いです。

アップルの現CEOティム・クックは、午前4時半に起床してメール対応をし、5時にはジムで汗を流しているそう。

「早起きは成功の秘訣」これは、多くの成功者が口を揃えて言う言葉だ。ある研究によると、人の脳は起床後2時間半〜4時間で一番活性化します。

読書をする

本を多く読む人は、年収が高いことがデータとして出ています。

つまり本を読むことで年収の底上げが可能になります。

センスや閃きを磨くには、より多くの情報(思考)に触れることだということが人間工学の研究で分かってきました。成功者はそれを本で行っているのです。

本を読まなければ成功しないわけではないですが、本を読むことで著者の経験を自分のものにすることで、確実に成功に近づくのだと思います。

20代30代のビジネスパーソン平均が月0.26冊で、30代年収3000万円の人の平均が月9.88冊。その差は38倍です。劇的に違う習慣といえます。

成功する人ほど本を読んでいます。

本は知識の宝庫なので、本を読めば読むほど頭が良くなり斬新なアイディアが思い浮かびやすくなります。

瞑想をする

多くの成功者は瞑想をしていることで有名です。
スティーブ・ジョブズが瞑想をしていたことは有名ですよね。

ジョブズ氏にならい、ベニオフCEOをはじめIT関係のCEOのほか、多くの成功者が瞑想の世界へ飛び立っていきました。

やり方は人それぞれですが、瞑想を自分の人生の成功に上手に結び付けているという点では皆共通しています。

2014年の研究で19,000の事例をあげた結果、その議論についてついに結論が出ました。
瞑想はストレスや不安、心配事、傷ついた心を和らげることが証明されたのです。

運動をする

運動も成功者にとって共通しています。
運動でエンジンをかける成功者もいれば、仕事脳からリフレッシュするために運動をする成功者もいるようです。

Buffer社の超多忙なCEOは寝る前のウォーキングを習慣にしています。彼は歩くことで、仕事モード脳と仕事の疲労から自分を解放し、心身共にリラックスするのです。

成功者は、体の健康が脳の活性化に繋がることを知っている。一見直結してないように見えて、日々の運動で仕事の効率が上がるのだ。

ジョギングでも、ヨガでも、ジムでもいい。朝に運動をすると、体にエンジンがかかり、出社後、バリバリ仕事をこなすことができるようになる。

自己管理し計画を立てる

成功者は計画を立てて行動をしています。
また、自己管理能力が高い学生は成績も高いことが研究で明らかになっています。

アメリカン・エキスプレスのケネス・シュノールトCEOは、1日の終わりに明日達成したいコトを3つ書き出すそう。
そうすることで、翌日まず何から始めるべきかが明確になるのだという。

成功者は仕事で成功するには、時間を賢く管理し、自己管理する必要があると思っています。ですから、彼らは数日先の事やその日にやるべき事をきちんと計画を立てて行動します。

自分のポテンシャルを最大限に引き出す方法とは、一日の計画を立て、目標とやるべきことを明確にするというもの。

時間管理能力を習得するということは、実際の学校で学ぶ勉強よりもアカデミックな成功をおさめるための大きな役割を果たすのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする