お金持ちと貧乏のターニングポイント

お金持ちと貧乏のターニングポイント

スポンサーリンク




成功者と失敗者では考え方が違う

お金持ちになる人の考え方や発想は、貧乏な人の感性とは全くことなっています。

お金持ちと貧乏人が同じ思考回路であった場合には、すべての方がお金持ちになっているはずです。

お金持ちになるには、「他人と違う行動をしている」、「他人よりも努力している」、「諦めず継続し続けられる」など、行動・発想・アイディアがあるからこそ、達成できた時に報酬が高額となり、結果としてお金持ちになっているわけです。

もちろん、お金持ちになりたいというモチベーションで頑張る事も問題ありませんが、お金を意識しないでも自然とお金持ち・成功者の思考をもっている方は自然とお金持ちになる可能性が高いです。

他の人と違う事をするのは、リスクのある行動とも言えます。

他人の目を気にしないで出来るのか、メンタル的な部分も重要になるのでメンタルが弱い人はお金もちになりにくいです。

お金持ちの発想力を身に付けるためには、物事に対して偏見で語らずに頭を柔らかくして柔軟に考えられるかが大切になってきます。

会社・組織に飼い殺される

お金を稼がなくては生きていけないので、働くしかありません。

働く選択肢として、会社・組織に属して働くことが最も簡単で確実な方法です。

特に最近の若者は、安定志向が強いので大企業や公務員などが人気ですが、安定を求めてしまう思考回路ではお金持ちになる事は非常に難しいです。

学生の内は、野心を心がけて将来は大企業に入ってノウハウを身に付けたら独立したいと考えている方であっても、ほとんどの方は入社して数年で、社会人になったらこうしたいという目標を忘れてしまい、会社・組織に従順な奴隷に変貌します。

貧乏の思考では、目標に向かって努力するよりも自己欲求を満たすことで満足してしまうので向上心が一切なくなってしまいます。

貧乏思考として、「自分にはこの仕事が合っている」、「平凡が一番」、「給料が少ないけど転職先でまた新しい事覚えるのが嫌だ」」、「仕事が忙しいのに他の勉強なんてやってられない」などの考えている方がお金持ちになりたいと考えても実現はほぼ不可能です。

貧乏から脱出するだけの思考・アイディア・発想を持てるのか、さらに行動し続けられるのかが今後の自分自身の幸せを左右するといっても過言ではありません。

貧乏思考から抜け出せるだけの行動力・勇気があれば年齢を関係なくお金持ちになる可能性があります。

もちろん若ければ若いほど可能性が高まります。

年を言い訳して行動できない人間は、一生貧乏人でいるしかありません。

行動することが出来れば、理想と現実のギャップの差を認識し差を埋める努力をすれば理想の自分に近づけることが出来ます。

サラリーマン・公務員など今の仕事が、居心地が良くなり「企業にいいようにされる奴隷」になるのか、それともこれまでの経験と知識をいかして、新しい事にどんどんチャレンジすることが出来るかがお金持ちになれるかのポイントになります。

会社で一生懸命働いて「出世コース」を目指すか、それとも「起業」するなどもお金持ちを目指す上で大切です。

もちろんこのようなチャレンジをする場合リスクが付きまといます。

リスクはありますが、お金持ち思考であればある程度は客観的に予想できるものです。

客観性の無い行き当たりばったりな物では、たまたま商品がヒットしたとしても長続きしない物です。

ビジネスの流れや仕組みを理解し、世間的な評価や動向を客観的に考える事はもちろん、自分に振りかかってくるリスクをしっかりと予知し回避しながら、どの様に活動すれば収益が見込めるのかなど、自分なりに答えが出せます。

お金持ち思考であったとしても、ビジネスを始める時や失敗してしまい借金を作ってしまう方もいますが、失敗したことを反省し次に生かすことが出来れば、良い経験として自分の中の経験値にできればお金持ちになれる可能性が高まります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする