お金持ちと貧乏人の違いとは?

お金持ちになるには

初めに、お金持ちの方と貧乏人では徹底的違うと思いますか?

お金持ちの定義でもいろいろありますが、前提として自分の力で成功した人の場合共通して言えるのが行動力・決断力・継続力の3つを持っています。

親やその前からお金持ちだった人は、自分自身の力でお金持ちになっているわけではないのでたまたま運がよかったです。

貧乏人の家庭に生まれてしまった場合でもお金持ちになれる可能性は十分にあります。

お金持ちになろうとして努力する方や結果としてお金持ちになる方などお金を生み出す手段はいくらでもあります。

その中で世の中の成功者たちは、例外なくこの「金持ちの志向」で物事を考えて行動しています。

一方、貧乏思考の方は、給料が入ったら無駄使いをしてしまう、目的もなく衝動買いをしてしまう一時の快楽に流される場合が非常に多いです。

消費行動は、ストレス解消には有効化もしれませんが貯金が出来ない・生活に余裕がないのでさらに働かなければならないという悪循環生んでしまいさらに貧乏になるケースも多いです。

お金持ちになりたいと考えた時に、年齢に応じて選べる選択肢が大いに変わってきます。

若いうちであれば、有名大学に入り年収の高い職業を目指す選択肢も出てきますが、20歳・30台・40代と年齢が上がれば上がるほど選択肢が減ってきます。

特に大企業に勤めていれば、年々年収が上がっていき役職がつけば年収1000万円を夢ではないかもしれませんが、大多数の人間がいいところ年収500万円良い方といわれる世の中になってしまいました。

特に20代で年収1000万円を目指そうと思ったなら、1000人に2人いるかどうかの割合になります。

どのような考え方をすれば、お金持ちを目指せるのかをご紹介しますので是非参考にしてください。

スポンサーリンク




人はなぜお金を貯めるのか?

目的はどうあれ、貯蓄する人はたくさんいます。

ある意味では、無意識のうちにお金を貯めようとして行動することも珍しくないと思います。

貯蓄すること自体は悪いことではないですが、人が貯蓄する行為は、「未来を安定させたい」、「自分の未来は明るいもの」と考えて貯蓄します。

若い方に「あと何年ぐらいは生きていられると思いますか?」と質問したところ、代替平均寿命ぐらいまでは生きていられるんじゃないかなという方は非常に多いです。

数十年先の自分が生きているのかもわからないので、それでも貯蓄することは自分の未来が明るいもしくは未来の自分に投資しているということです。

また、楽観的に考えているのとは反対に、人生何が起きるかわからないので、そのために貯蓄しているのも含まれます。

人生は「不確実性」から逃れられることはできません。

明日突然地震が起きるかもしれない、もっと身近なところで例をだせば交通事故に巻き込まれる可能性も十分に考えられます。

人間だれしも「不確実性から逃れたい」、「安全なところに居続けたい」と考えています。

このような安全地帯を構築することは決して悪いことではないですが、安定性を求めてしまうとお金持ちになるのは非常に難しくなります。

このような安全地帯を構築することは決して悪いことではないですが、安定性を求めてしまうとお金持ちになるのは非常に難しくなります。

普段何気なく行っている自分のお金の流れは、お金持ちの考え方なのかしっかりと検証し、改善する必要があります。

お金については、稼ぐ手段が様々あり安定を求めてしまうとお金持ちになるのは非常に難しいです。

一流の成功者やお金持ちの方はお金に関して真剣に向き合っているので、お金の話をすること自体に後ろ向きな考え方はないです。

むしろ成功者は、お金の話をするのはいいことだと考えている方も大勢いらっしゃいます。

しかし貧乏人は、お金の話を極力したくない、堂々と聞けないなど傾向が非常に強いです。

人間生きていくためにはお金は絶対に必要なものです。

お金について真剣に考えることができない人は、お金の管理が不十分で収入や出費はもちろん、節約するといった細かなお金の流れを把握できていません。

誰しもお金がほしいと心の底では思っていますし、お金がなければ不安になります。

お金があれば幸せというわけでもありませんが、自分の生活を豊かにし、人生の選択肢を増やすことができます。

お金がすべてとまでは言いませんが、ある程度はお金に執着しても恥ずかしいことは何もありません。

安定した人生が良い、リスクを負いたくない、努力したくないという方は、お金持ちになることは不可能です。

自分に合ったお金持ちになる方法をぜひ当サイトで学んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする