貯金の考え方

貯金の考え方

スポンサーリンク




お金は必要不可欠な安定剤

お金は必要不可欠で、お金がなくては満足に生活することはできません。

日本の場合は、お金を稼いで働くのが最も確実な方法です。

もちろん生活保護などは働かなくて生きていけますが特別な条件でなければもらうことはできません。

お金が多ければ多いほど安心感が高まり精神的にも余裕が生まれます。

貯金をするという概念は、野生の動物にも見られます。

動物の世界は弱肉強食なので、生きるために必要な餌を隠して蓄える行為も行われます。

人間も同じで、生きるために必要なお金をなるべく多く所有したい、もっと生活を豊かにしたいというのは潜在意識の中に昔から埋め込まれています。

お金を所有する概念が、徐々にスケールが大きくなっていくと「貯蓄」、「財産」となります。

貯金は安全地帯構築する為

年収が高い人でも貯金額が少ないまたは0円な方も珍しくありません。

貯金を持たない主義者の中には、自分を取り囲む人間関係がよくいざというときにどうにかなる。

さらに言えば心と体のバランスが安定しているから貯金をしないことも考えられます。

逆にお金が少ない経済状況で心と体に不安を感じるという方は、安全地帯構築のために貯金が必要になります。

貧乏な方の貯金とは?

節約し貯金を多く貯める事自体は非常に良いことですが、ただ単にお金を貯めるだけではお金持ちになることはできません。

貯金が増えれば増えるほど、精神的にも安定はしますが利益に繋がりません。

例えば、銀行口座に預けたとしても金利はほぼ0なので預けても全くお金になりません。

何かに投資するという選択肢を持たなければ、宝の持ち腐れです。

また、無駄遣いが多く給料の大半を出費してしまい計画性がない方も貧乏な方の特徴です。

消費するために働いている状態では、生活をするためだけに働いている状況になってしまっているので、お金持ちになるのは非常に難しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする