お金持ち・成功者思考は財産になる

notes-514998_1280

スポンサーリンク




行動力・決断力・継続力が大切

貧乏思考をしている人は、「お金持ちになりたいけど分には才能がない」、「どうしたら楽してお金を稼げるようになるのか」、「努力したくないけどお金持ちになりたい」など、思考が完全負け組の思考回路になっているので、行動力がなく口だけで「あの人はお金持ちだからいいよなー」、「自分があの立場だったら絶対に働かない」など無駄な妄想をしがちです。

貧乏思考をしている人は、お金持ち・成功者になることはまずないですし、仮に宝くじなどを当てて億万長者になったとしても、すぐに貧乏に逆戻りする可能性が非常に高いです。

しかし、お金持ち・成功者の施行を持っていれば、事業に失敗してしまい一時的に貧乏になったとしても、失敗を反省し次に生かしてお金持ちになることができます。

貧乏思考から、金持ち・成功者施行になれば生涯の財産となり幸せな人生を送るために心強い武器にもなります。

お金持ちにはお金持ちならではのお金の使い方や考え方があるので、ビジネスに成功するのは結果としてついてきているだけであり、行動力・決断力・継続力ができる思考になります。

貧乏人ほど目先の結果を得ようとする

貧乏の特徴としてすぐに結果が出る利益を求めようとしたり、目先のお金がほしくて大切な時間を浪費しがちです。

大切なのが目先の20万円よりも、10年後の1億円稼げる事に目を向けられるかどうかです。

そのため今がきつくて辞めたい時でも、自分にしっかりと時間やお金を投資して目標を明確にして、目標に向かい向上し続けることが大切です。

勉強していい大学に行くというのも大切ですが、大学を卒業した後はどうなっているのか、さらに10年後の自分の未来はどうなっているのか?明確に目標を掲げることが大切です。

勉強が嫌いな方でも、体を動かすのが好きであれば、プロ野球選手やプロゴルファーなどお金持ちになれる職業にあふれています。

また、社会人となってもそこからお金持ちになることも十分に可能です。

今が苦しくてすぐに逃げ出す方法を考えるのではなく、「3年、5年、10年後を考えて、自分の価値を高めていける」かがお金持ち・成功者の志向です。

お金持ちや成功者になるためには、お金持ち・成功者の志向になれるかが重要になります。

ビジネスや職業でも同じことですが、安定しており目先の利益の為に仕事ばかりしていると、視野や思考がどんどん狭くなり、未来のビジョンが見えなくなります。

お金持ちや成功者の志向になるためには、「3年・5年・10年後の自分がどうなりたいのか?」、「どのくらいお金を稼ぎたいのか」を考えてください。

この時に「できる」、「できない」という基準で考えないでください。

「どうすれば自分が幸せになれるのか」、あるいは「どのくらい稼いでいれば自分として成功なのか」という気持ちで考えてください。

お金持ち思考になるためには、目標を明確にする必要があります。

目標を明確にすれば、少しづつ目標に近づけていくだけなのであとは自分との闘いです。

絶対にかなえてやるという気持ちをもって行動すればおのずと結果がついてきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする